何もかもが上手くいかない時期が人生にはある。気分が落ち込んだ時の考え方

sky

私は、わりと気分が病みやすい方だと思う。

基本的には、まあいっか。って思いながら生きているけれど、その時々で波がある。

これまでの人生を通して、なにもかもが嫌になったり、上手くいかなくて人生を投げ出したくなる時なんて、しょっちゅうある。

学生時代の頃から勉強や恋愛や人間関係、社会人になってからも仕事に結婚など、いつになっても不安や悩みは付き纏う。

穏やかに生きたい

仕事面で挙げると、不満は誰にでもあるよね。と思う、この頃。

社会に出て働く以上、イライラしてしまうことや納得のいかないことなんて山ほどある。

やってらんねーよ。と思うことや、定期的に仕事を投げ出したくなる時だってある。

世の中、自分が思っているほど上手くいかないことの方が大半だし、腹を立てたところでいいことなんてない。

そういう時こそ、冷静になることが大事。って、自分に言い聞かせている。

思い通りにならないのが当たり前。

感情的になっても、得することなんて何もないんだよ。

冷静に考えた方が効率いいのは間違いないし、落ち着くこと大事。

仕事での失敗との向き合い方

なんだか物事が上手くいかないなーと感じる時は、色んなことが重なりがち。

時には、あってはならないミスを引き起こしてしまったり、思わぬところで失敗してしまうことだってある。

そのたびに自己嫌悪に陥って、気が滅入ってしまう。

…失敗ってさ、したくてしてるんじゃなくて、必然的に起こるものじゃないですか。

そりゃ、とてつもなく落ち込むけどさ。

そんなことくらいで世間はどうしようもないくらい困らないし、大したことじゃないよ、きっと(言い聞かせている)

物事を俯瞰的に見れば、自分が悩んでいることなんて、ほんの一部分にしか過ぎない。

何事もなく過ぎるのが一番かもしれないけれど、それじゃ過酷な状況に陥った時に対処できないだろうし。

綺麗事かもしれないけれど、失敗することは人生において必要だということ。

逆に、これまで失敗したことない人生の方が、ある意味怖い。

今まで成功しか知らないと、挫折した時に立ち上がれなさそうで。

それに、窮地に立たされても、最終的には案外なんとかなることも多い。

あと、人は体調の変化とか、その日のコンディションの状況とかもあるから、そりゃ上手くいかない日だってある。

生きている大半は、上手くいかないこともあるし、それが上回るほどの喜びも、この先きっとある。

鬱病疑惑

なんか一人で色々と考え過ぎると、自分が鬱病なのではないかと思うことがあって。

ネットで検索していて、ハッとさせられたのは、義務感が強く、仕事熱心、完璧主義、几帳面、凝り性、常に他人への配慮を重視し関係を保とうとする性格の持ち主という一文。

鬱病の疑惑として、心あたりがある。

…でも、自分が鬱病だと思っているうちは、まだ大丈夫だと勝手に思っている。

本人に自覚がないのが一番怖いと思う。

精神的に色々と思い悩んでいる時。

難しく考えすぎ!っていうのを聞いて、ああ、もっとシンプルで良いんだなーというのを改めて感じた。

まずは、シンプルに。

具体的な解決策としては、自分自身が楽しむことが一番大事だと思う。

自分がやっていて、楽しいと思えることに勝るものはないと思う。

上手く言えないけれど、人生に疲れたら、休憩しながらでもいいと思う。

そして「また頑張ろう!」と思うことができたら、もっと前にだって進めるし、人生はいつだってやり直すことができると思う。