転職を繰り返す現実。働きたくないんじゃなくて働けない社会不適合者

city

私は、こんなにも転職を繰り返すなんて、思ってもみなかったなあ。

昔から、どっちかっていうと何事も我慢して生きていた方だから、自分を騙し続ければ、続けてはいけるんだろうけど。

ただ、辞めたいって思いながら働き続けるのは自分のためにも良くないから、自分の意思とか直感に従うのは、決して悪くない気がする。

社会不適合者だという自覚

私は「働きたくない」んじゃなくて、「働けない」ということに最近やっと気づいた。

働きたい!っていう気持ちはあるし、しっかり稼いで、思い切り遊ぶっていうのは、もちろん理想。

でも、実際にやってみて気付いたのは、普通の人みたいに働けないなあ、ということ。

なんていうか精神的にも、身体的にも、体力がない

甘えだって思われるかもしれないけれど、1日8時間もぶっ通しで働いて(残業と通勤時間も含めたらもっとそれ以上)それが週5日もあるのがしんどい。

そういう体質だって思う理由は、ここ近年、外出していても家の中に居ても、体調不良に陥ることが多くて。

なんかよく分からないんだけど、そういう体質なんだから仕方がない。
(実家で過ごしていても、すこぶる体調が悪い時があるから、一人暮らしの環境のせいではないと思っている。)

……まあ、誰にも理解して貰えないだろうけど。

世間的に、当たり前のことができない。

この年齢にして、転職回数多いし、それが不利になることも勿論多いけど、それってどこを目指すかにもよるよね、って。

正社員として、長く安定的に働き続けたい。

そう思っていた時期もあったし、昔は職歴とか少しは気にしていた自分がいたけれど、最近はもう、どうでもいいや~。って思っている自分がいるw

ニートの生態

ニートになって、ずっと家の中にこもっていると、外に出たくもなる。

でも、街へ出たら人ごみの多さにやられて、それだけで疲れる。という矛盾を繰り返している。

働きたいという気持ちはあるからこそ、面接の予定は入れるのだけれど。

改めて思ったのは、この通勤ラッシュが毎日なんて耐えられないし、ちょっと外へ出ただけでもこれだけ疲れるのに、毎日8時間も働いていられる訳がない。

もちろん職種にもよるし、多くの人が行き交うような場所で働かなければいいだけの話なんだろうけれども。

どうしても普通に働くのは無理だな、という思考になってしまう、ただの愚痴みたいな、わがままみたいな話。

それでも、まだ色んな求人を見ていて、応募しようとも思うけれど、その過程で上手くいかなかったりすると、ああ、もうこれは就職するべきじゃないのかな…って思えてくる。

少なくとも今は。
一人暮らしだけど、そんなに切迫詰まっている訳じゃないし、好きなだけ家に居られるのが私にとって幸せ。

…そうなってからじゃ遅いのかもしれないけれど、基本なんとかなるよね。って、思っている(根拠のない自信)

仕事が続かない

私は大体、働き始めて、半年くらい経つと仕事を辞めたくなってしまう。

頑張って1年くらいは続けるのだけれど、やっぱり心の中で無理が生じる。

「続けられないかもしれない…。」と思い始めて、「辞めたい!」と思いながらも粛々とやり過ごす日々。

それからは「毎日、辞めたい!!!!!」と思い詰めるようになって、最終的には「辞めよう。」っていうプロセスだよね(もはや開き直っている)

でも、なんだかんだ、これで良かったのかもな。って感じている自分がいるのも事実。

今後の就職先について

営業事務ならすぐ見つかるよーって担当者の人に言われて、傾いている自分がいる。

……向いてないって分かってるのにいいい。

同じ過ちを繰り返しそうになる。

妥協しちゃダメだ……(自分に言い聞かせている)

仕事を紹介されて、どうしようか迷っていたのだけれど、働いている姿を想像した時に、あ、無理…。ってなったから、見送ることにしました。

今までだったら、なんでもやります!っていうスタンスだったんだけど、そうやって妥協した結果、どうなるか分かっているから、安易に手出しができない。

それが年々、頑固だとも言われる要因なのかもしれないけれど、反面、学んで成長してるっていう部分でもあると思う。

やりたいことが分からなかったからこそ、なんでもやる気でいたけれど、やってみてダメだって思ったら、自分にとって向いていないことも明確になる気がする。

なにが言いたいかっていうと、わざわざ選ぶ必要もないことだってあるし、断る勇気も必要だってこと。

模索する生き方

特に、親は心配してくれているのだろうけれど、仕事のこととか、結婚のこととか言われると、本当に嫌になってくる。

昔から「こうしなきゃならない」っていう、狭い固定概念に縛られて、自分自身が苦しめられている気がする。

例えば、正社員が安定だとか、結婚すれば幸せだとか、子どもを産むべきだとか。

答えなんてひとつじゃないし、親世代とは、やっぱり考え方が食い違ってくることもある。

会うたびに「まだ?」って急かされたり、周りと比べられるようなことを言われるのは、ある程度の年齢に達すると避けられないことなのかもしれないけれど。

一般論だからこそ、なかなか理解して貰えないことは多いけれど、世の中には、もっと色んな働き方とか、ライフスタイルがあるよね。っていう話。

じゃあ、どうすれば良いのか?

薄っぺらい言葉かもしれないけれど、具体的な解決策としては、自分自身が楽しむことって大事だなーとは思う。

まずは、シンプルに。

難しく考え過ぎっていうのもあるのかもしれないけどね。

自分がやっていて、楽しいと思えることに勝るものはないと思う。