出不精の私が外回りの仕事に就いた結果、疲れている

Human

今に始まったことじゃないんだけど、普段、引きこもってる人間が毎日外回りしてるとか、苦痛でしかない。体力的に限界で、疲れている。

事務職の内勤と比べて、外勤のメリットについて書いたことがあったのだけれど、改めてデメリットについても挙げてみようと思う。

外勤の仕事のデメリット

・どんなに天気が悪い日も、気分が乗らない日も外出しなければならない
その日の体調とか色々あるじゃない。人間、気分が優れない日だってある訳よ。

・雨の日は外に出たくない
わざわざこんな日に傘差してまで外を歩く必要性。ってなるわ。

・夏の外回りは地獄
昼間の一番暑い時間帯に出歩かなきゃいけないなんて、熱中症で倒れるんじゃないかっていうレベルで危ない。

平日の昼間から本屋とかネットカフェとか、その辺でスーツ着たサラリーマンを見ると、仕事サボってるのかなって思(ry

いやー、でもそうなるよね。
仕方ないよね、サボるよね。
だってやってらんないよね、しかもこんな暑い中(めっちゃ言う)

歩き過ぎ問題

アプリに入れている、歩数計。

普通、1日に1万歩くらい歩けば健康、みたいなこと言うじゃないですか。

歩くの好きだからいいんだけど、それにしても無駄に歩いて、1日で2万歩以上は歩いてる。

無駄に歩いて疲れて帰った日、2万歩という数字を見て相当歩いたなって感じるくらいで、これ以上もう無理だと思っていたのに。

翌日、気付いたらもっと歩いていた。

翌々日なんて、3万歩超えてるし。

…なぜか数字が右肩上がりになっている。

歩くことが多いから計測しているだけなんだけど、自分で、この数字に引くよね。

……痩せろ。