大人になるということ。誰にも縛られない自由な生活と自分で取る責任

human

私が大人になって良かったなあ。と感じるのは、様々な制限とか制約がなくなって、時間的にも金銭的にも自由になって、融通が利くようになること。

育てられた環境にもよると思うけれど、子どもの時に、あれはダメだ、これもダメだって言われていた分、大人になった時の反動も大きい気はする。

小さい頃は、欲しいものが買えない、未成年だと年齢のせいで制限が掛かってしまう、といったことも多々ある。

子どもの頃は自由に使えるお金がなく、お小遣い制でもなかったので、欲しいものがあったら逐一親に相談しなければならなかった。

大人になると、ある程度、自分が欲しいと思ったものは自分のお金で直ぐに買える。

これほど自由なことってないと思う。

自分で働いた分だけ、対価が得られて、そのお金で自分や周りの人にお金を使うことが出来て、ある程度のことは、お金で解決できるようになる。

大人になるという自由

友人だけで遊びに行ったりするのも、一人でフラッと遠出するのも、誰からも咎められない。

自分たちの車で遠出できるし、夜遅くまで起きていても誰からも叱られない。

不規則な生活を送っていても、誰にも迷惑を掛けることもない。

お金があれば、好きなものを好きなだけ買い占めることだって可能だし、どこへ行くのも自由。

特に私は食べることが好きだから、好きな時に好きなものを食べられる、これほどない幸せを噛み締めている。

突然、思い立って初めて一人で遠出して知らない土地を訪れる時、着くまでワクワクしたことは今でも印象に残っている。

昔は大人になんてなりたくないと思っていたけれど、子どもの頃と違って、とにかく選択する自由の幅が広がる。

「やりたいこと」との向き合い方

毎日、行くのが憂鬱で仕方なかった学校も義務じゃなくなる。

小さい頃は学校に行かなければならなかったけれど、今なら職業だって自分で選べる。

大人になってからも、大抵は会社勤めしている人が一般的だけれど、大きい視点で見れば、自由。

極端な話、サボることだってできるし、辞めることだって出来る。

昔は、学校をサボるなんて絶対に許して貰えなかったし、学校側から親に連絡がいくことだってある。

強制的に参加しなければならなかった煩わしい行事も、大人になると強制じゃなくなるし、色んな制限がなくなる。

でも、いざ社会に出て「自由にやっていいよ」と言われても、どうしていいか分からないことだってあるし、突如、投げられても、それが一番困ることだってある。

大人になってから、自分の好きなことや得意なこと、やりたいことが分からなくなっている人も多いと思う。

私もその人間の一人。

子どもの時のような柔軟な発想ができない。

昔から逃げることはよくないとされてきて、特に親からは、苦手なことは、とことん向き合うことを推奨され続けてきた。

時には、向き合わなきゃいけない時だってあるし、乗り越えたからこそ見えてくる景色だってある。

我慢することを覚えることも、勿論、大事だと思う。

でも、何度、乗り越えようと必死で取り組んでみて実感したことは、やっぱり無理なものは無理。

どう頑張っても克服できないことだってある。

だって、人間向き・不向きがあるのは事実なのだから。

すぐに目を背けたり、嫌なことを避け続けることもよくないとは思うけれど、それよりも好きなことや長所を伸ばすことも大事だと思う。

将来に対する不安

学生の頃は、今後の進路について散々悩んでいたけれど、大人になった今だって「このままでいいのかなぁ」と漠然と不安になることはよくある。

誰しもが感じることかもしれないけれど、子どもの頃は、今の年齢の自分はもっと大人だと思っていた。

でも、歳を重ねるごとに感じているのは、自分でも成長しないなぁ。と思うほど、人はそう簡単には変わらないということ。

大人になるにつれて、年齢のしがらみも出てくる。

いい歳した大人が、こんなこともできないのかって思われるようなことも増えてくるし、立場的に責任も背負わなきゃいけなくなってくる。

特に、女性の場合、30歳という年齢を節目にして、結婚・出産。

私の母親は既に結婚して子どもを産んで育てていた年齢だし、比べる訳じゃないけれど、やはり世間的に一つの目安となるのは事実。

ある意味、独身で居られるのも今のうちだけなんだろうなぁ。と思うと、自由の身でいられるのも、かなり贅沢なことなのかもしれない。

生きていても楽しいことばかりじゃないし、絶望しそうになることもあるけれど、ある意味、これからが私の人生だと思っている。

とにかく、まだまだ自分の知らない世界があるように、もっと色んな景色を見て、色んな経験を得たいなぁ、と思う。