水道水は飲めるのか?一人暮らしの飲料水に関する問題

一人暮らしを始める際、なにかと困ることがあります。

そのひとつが、普段の飲料水問題です。

当たり前すぎることを言いますが、なにより生活するのに欠かせないのがです。

私が実家に居た頃は、家庭用浄水器があったので、水道水をそのまま飲むことができて安心でした。

しかし、引っ越してから、果たしてどうしたらいいのか悩みました。

今回は、一人暮らしの飲料水問題に関して書いていこうと思います。

 

水道水を沸騰させてから飲む

水道水には、塩素(カルキ)が含まれているとされています。

取り除くためにも、とりあえず一度、沸騰させてから飲んでいました。

でも、明らかに味が変わって、どうしても好きになれずにいました。

そこで私は、そのまま飲んだらそんなに問題なのかと思い、少しだけ水道水を飲んでみることにしました。

案外、普通に美味しく飲めたので、この時、なんの根拠もなく大丈夫だと判断しました。

それからずっと水道水をそのまま飲んでいたのですが、何事もなかったので、健康上、なんの問題もないと思っていました。

しかし、暫くすると、お腹が痛いと感じるようになってしまい、まさかの腹痛を引き起こしてしまいました。

環境が変わったということもあり、この腹痛の原因が正直、水かどうか定かではありませんが、一番心当たりがあるのは、飲料水です。

水が飲めないとなると、薬を飲むための水も飲めないという事態に陥ってしまうため、致命的です。

ミネラルウォーターを購入する

コンビニなどでミネラルウォーターを購入するのが一番手軽ですが、毎日飲むものなので、その都度お金が掛かってしまいます。

安くで販売している時にストック用で大量に購入しても、ペットボトルってかさばるし、そもそも持ち運ぶのが重くて大変です。

一人暮らしをしていると、お米を買う時も同様なのですが、スーパーなどで重いものを買うと、持ち運びに大変な部分があります。

買い物へ出掛けた際にも、重くて、それを買うだけで他の食材が買えなくなってしまうという懸念もあります。

私は、一人暮らしを始めた頃は、その点に苦労しました。

その解決策として、ネットショッピングを利用するという方法に辿り着きました。

今の時代、誰もが知っている方法だとは思いますが、特に重いものは本当に助かります。

インターネット上で商品を注文するだけで、自宅の玄関先まで届けてくれるので、非常に便利です。

今までの手間はなんだったんだと思うくらい、このシステムが快適すぎて重宝しています。

Amazonや、楽天市場など、送料無料のサービスも沢山あります。

特に、ストックで買っておくと災害時にも安心できると思います。

ウォーターサーバーを導入する

私は、ウォーターサーバーの導入も考えました。

実際に使ったこともありますが、なにより便利です。

お湯もすぐに出るので、朝の忙しい時間帯にもすぐ使えますし、仕事から疲れて帰ってきた時、自炊するのも面倒で、カップラーメンを食べる時にも、すぐに使えます。

特に、こんな洗練されたデザインもあるので、置いておくだけでも、お洒落です。

インテリアに馴染むデザインなのも、魅力的です。

プレミアムウォーター


プレミアムウォーター

WEB申込からなら、限定でクオカード2000円分のプレゼントもしているので、お得です。

浄水器を利用する

中でも、お勧めなのは、浄水器を購入することです。

水道水を入れて、溜めておくポット型と、

ブリタ 浄水 ポット 1.1L

蛇口に直接取り付けるタイプの、蛇口直結型があります。

蛇口直結型浄水器 クリンスイ

ポットタイプは冷蔵庫に入れてそのまま保管できるのと、蛇口直結型は、簡単に取り付けられるので、それほど手間も掛かりません。

定期的にカートリッジの交換は必要になってきますが、上記2つの手間に比べたら、圧倒的にメンテナンスが不要なので、非常にお勧めです。

安く済ませたいのであれば、どちらとも、ホームセンターなどでも購入できます。

まとめ

一般的に、綺麗とされている水道水なので、飲めなくはないと思います。

ただ、配管や蛇口の問題などもあるので、後々、困らないためにも考えておいた方が良い部分はあります。

現に、私は過信していて、大丈夫だと思っていたところ、お腹を壊してしまった経験があるので、水道水をそのまま飲むのは、やめておいた方が無難だと思います。

できるだけ、失敗のないように、快適な一人暮らしライフを送りたい次第です。

一人暮らしをする部屋を決める際に、住む部屋の条件について確認しておくのは...
 

Thanks for reading !
この記事が面白かった、役に立ったと思ったら
シェアしてくださると、非常に嬉しいです!!

関連記事

関連記事
他にもこんな記事がよく読まれています