フリーター無職で東京へ上京したい人にオススメの転職サービス

働きたいと思っているのに、今住んでいる地方が田舎の場合だと募集している求人数が圧倒的に少なかったり、低賃金だったりして、働き口にも困ってしまいます。

私の実家のある故郷も田舎の地方なので、求人検索を掛けたところで全然ヒットしません。

今回は、東京で働く場所と住む場所も同時に探せるという夢のようなサービスを見つけたので、参考になればと思い、書いていきたいと思います。

 

若者の上京をサポートしてくれるサービス

トーキョーダイブは、東京で働きたい若者に働き方と住まい同時に提供してくれるサービスです。

本来、一人で東京へ出て、仕事も住む場所も探すとなると大変な労力が掛かります。

特に土地勘がないと、どの辺りが住みやすかったり、便利なのかも分からないことが多いと思います。

なによりイチから全て一人で探すのは、不安なことばかりです。

引っ越しには様々な手続きも必要になってきますし、それなりの費用も掛かってきます。

そんな時、トーキョーダイブを利用すれば、親身になって相談に乗って貰ったり、仕事と物件の両方を無料で紹介して貰うことができます。

自力で探すのとは違い、圧倒的に費用を抑えられるのも魅力的です。

都心で一人暮らしをするメリット

私は10代の頃からずっと一人暮らしをしたいと思っていたのですが、就職するまでは親の反対により、一人暮らしはさせて貰えませんでした。
(特に未成年の場合、親の承諾が必要です)

就職を期に一人暮らしを始めることができたのですが、一人は本当に気楽で快適です。

今、住んでいる地域はインフラも整っていて、周辺も栄えているので、特別生活に困ることもありません。

都心で一人暮らしをするメリットは大きいです。

今では、すっかりこの環境に慣れてしまったので、たまに田舎へ帰省すると、周りに何もない風景が不便だと感じてしまうこともあります。

時には寂しいと感じる場合もあるかもしれませんが、トーキョーダイブの場合は他人と共同生活できるプランもあります。

一人暮らしをすることによって、自由な生活が手に入れられるのは勿論、親と離れて暮らすことによって、経済的、精神的にも自立することができます。

上京するデメリット

東京に出ると物価が高くなるのも事実ですが、田舎と比べると、給与も比較的高く設定されています。

住む家を決める際、主要の駅から少し離れたエリアを選べば家賃は抑えられますし、周りも静かなので住みやすいです。

引っ越したいとは考えていても、なかなか踏み出すきっかけがないという人もいると思います。

現実問題として、仕事を先に決めないと、住む家も借りられません。

上京したいと思っている人をサポートしてくれるサービスを利用することによって、東京での就職と一人暮らしの両方が叶えられるのは非常に助かります。

東京の企業は規模が違う

田舎者の私は、東京はやはり会社の規模が違う!と圧倒させられます。

ドラマのワンシーンなんかでよく見る会社の風景が実際に目の前に広がっていたり、大きなオフィスは、通うだけで気分がウキウキします。

プライベートでも、遊びに行ける場所が増えるので、お洒落なスポットを調べたりして行動範囲が広がることは嬉しいことです。

東京には全国各地から沢山の人が集まる分、色んな人がいるのも事実です。

勿論、良いことばかりではないかもしれませんが、社会の波に揉まれて、様々なことを吸収する良いチャンスにもなると思います。

まずは短期間の体験も可能

上京するとなると、どうしても大掛かりなイメージになってしまいそうですが、家具のついている物件もあります。

新築・シェアハウスで家賃不要、毎月共益費の10,000円のみで入居できる物件もありました。

極端な話、スーツケースひとつだけ持って行けば身軽に環境を変えることもできます。

東京へ行く前に、まずは近くの場所で相談することも可能です。

少しでも上京を視野に入れているなら、こういったサービスもあるということが参考になれば幸いです。

Tokyo Dive(トーキョーダイブ)

 

Thanks for reading !
この記事が面白かった、役に立ったと思ったら
シェアしてくださると、非常に嬉しいです!!

関連記事

関連記事
他にもこんな記事がよく読まれています