専門学生が新卒ブランドを無駄にしないために。後悔する前にやっておきたい就活

peple

私が専門学校を卒業した2011年は当時、就職氷河期とも呼ばれていた、就職が困難な時代でした。

同じように、就活している大学生だと、エントリーシートだけで100社応募は当たり前。

それでも通らない学生は沢山いる時代でしたし、例え書類審査が通過したとしても、何度も何度も面接があります。

一次、二次、三次面接……。

考えただけでも、気の遠くなるような話でした。

働きたいのに何故こんなにも厳しい時代なんだろうと、世間を恨んだこともあります。

親に話を聞くと、昔は一度面接を受けたらそれで合格だったらしいです。実に羨ましい限りでした。

今回は、社会人になった私が今、専門学生が就活で役立ちそうなことや、後悔する前にしておいた方が良いポイントについて書いていきたいと思います。

 

必死に就活をした学生時代

日頃から課題が山のように出ていたので、専門学校の周りの友人たちは、就活に力を入れる!というよりは、どちらかというと出された課題をこなすのに必死で、みんな作業に追われていました。

提出期限に間に合うように、寝る間も惜しんで徹夜で作品を仕上げ、それを発表するための準備、そして、プレゼンテーション……。

そのため特に焦る要素などなかったはずなのですが、それでも将来に対して漠然と不安があった私は、約一年前(二年目の春頃)から就職に向けて動き始めました。

専門学校に通っていると、学校に来ている専門分野に特化した求人を紹介して貰えることもありますが、応募できる求人数が圧倒的に数が少なかったり、私は一般企業にも興味があったため、大学生が受けるような会社の説明会にも参加したりしていました。

新卒向けの就活サイトである、リクナビや、マイナビに登録しておくと、就活に必要な情報が得られたり、すぐに予約が埋まりがちな新卒説明会やセミナーにエントリーすることができます。

大学生が受けている会社は、大手有名企業が多いですが、新卒向けで短大・専門学生の採用募集をしている企業も沢山あります。

随時、開催されている説明会に実際に足を運んでみることによって、刺激を貰えることは沢山あります。

企業説明会の概要

各企業の説明会の雰囲気や流れとして、一室に学生が集められ、資料やプロジェクター等を用いて会社の概要や特色等の一通り説明を受けた後、最後に質疑応答に入ります。

私はこの時、何を質問すれば良いのかさえ分からなかったのですが、他の学生の質問を聞いて「なるほどな」と思わされた一例として、以下のような質問がありました。

・御社の長所と短所はありますか?
・仕事をしていて、一番やりがいを感じる時はどのような時ですか?
・仕事で辛いと感じるのはどんな時ですか?
・御社に入って良かったと思えた瞬間はどんな時ですか?
・入社する前に勉強しておいた方がいいことはありますか?

就職の進め方は分からないことばかりですが、大学生に混ざって企業の説明会に参加することによって、周りの就活生から振る舞い方などを見て盗むこともできます。

それから、グループディスカッションも何度か体験しました。

当時は、人事担当者が学生の一体何を見ているのか、よく分からないままだったのですが、リクナビのサイトに以下のようなデータがありました。

グラフ

とりあえず、話に参加するという積極性な姿勢や、周囲の人たちと会話を交わす協調性コミュニケーション能力、また論理的思考などが見られている傾向にあることが分かると思います。

それから、みんなの就職活動日記なども参考になります。

新卒ブランドを無駄にしないために

就活で避けて通れない難関、それが面接です。 私は就活していた当時、...

私は、色んな企業を見て回れるという点から就活を楽しんでいた部分もありましたが、ことごとく採用を見送られ、次第に心が折れていきました。

選考に落とされた原因が結局分からないまま、このまま続けていくことになるのが就活のツラいところでもあります。

学校の就職サポート支援や、新卒向けのキャリアチケットを利用することで、自己分析・ES(エントリーシート)・面接対策をよりブラッシュアップしていくことは可能です。

最後に

社会人になってから改めて思うのは、企業は会社に入りたいと思ってもらうため、良い部分しか見せません。

理想通りの就職ができたら、決して苦労はしないのですが、後悔しないためにも、見極めるために自分で足を運んで、実際に目で見て、話しを聞いて、感じることが何よりも大切だと思います。

インターンシップなどがあれば、参加してみるのが一番良いと思います。

キャリアバイトという日本最大級のインターン求人サイトなら、本来は無給のインターンシップでも時給が発生するのでお勧めです。

やはり実際に社会に出て働いている方に聞いてみるのが一番参考になると思います。

合同説明会など、新卒のためのイベントも全国各地で行なっているので、参加してみるだけでも得られるものはあると思います。

また、MeetsCompany(ミーツカンパニー)なら、クオカードを貰えるイベントも随時開催しています。

「新卒」という肩書きで内定を貰うことは、決して簡単なことではありません。

卒業までに内定が決まらないと「既卒」扱いとなってしまい、アルバイトをしながらフリーターとして働かなければならなくなります。

新卒だからこそ採用を行なっている会社は多く、幅広い企業にエントリーするチャンスがあります。

せっかくの新卒ブランドを無駄にしないためにも、卒業までに内定を勝ち取っておきたいと思うばかりです。

私は学生の頃からアルバイトをしていて、ほぼ毎日のようにシフトを入れまくっ...
 

Thanks for reading !
この記事が面白かった、役に立ったと思ったら
シェアしてくださると、非常に嬉しいです!!

関連記事

関連記事
他にもこんな記事がよく読まれています