【新卒】書類選考が通らない!自己PRがない人のESの書き方とコツ実例付

 

通らない書類選考

新卒の就職活動において、企業にエントリーすると、必ず書類審査があります。

履歴書等、字を丁寧に書くは当たり前ですが、時間を割き、せっかく心を込めて書いたにも関わらず、あっさりお祈りされてしまうと本当に心が折れてしまいそうになります。

私も、何度も書類選考で落とされました。

しかも、なにが原因なのかがわからないため、改善するのに苦しみました。

書類選考を突破するための解決策

そこで、積極的に学校の就職サポートを利用しました。

企業に提出する前に、書類を添削してもらい、アドバイスを貰うことができます。

それと同時に、就活のための本をひたすら読んだり、あとは同じように就活していた大学の先輩に実際に通ったESを見せて貰ったりもしました。

なによりも、実際に通ったESは、定型文である本より信憑性が違います。

私は、こうやって書いたらいいのか!と衝撃を受けて、先輩の文章を参考に、一部言葉を借りて志望動機を考えました。

しかし、結局、就職サポートの方に「自分らしくない」と指摘されました。

というか、「これ、自分で考えたの?」とまで言われました。

先輩のESを参考にしたとか、そんなこと一言も言っていないにも関わらずですよ。

え、やっぱり分かるんだって思いました。

言葉遣いなどからも、『その人』が伝わらないみたいです。

自己PRを探すコツ

そもそも、自分のことを自分で評価するのって難しいですよね。

それなのに自己PRって。

ナニソレ、みたいな。

私は、短所は?と聞かれると、いくらでも出てくるのに、長所は?と聞かれると全くといっていいほど思い浮かんできません。

普段だったら、普通に「ない!」とキッパリ答えていたくらいです。

それくらい、自分に自信なんてないです。

解決策としては、まずは箇条書きでいいので、適当に書き出していってみたらいいと思います。

例えば、最後まで責任を持って取り組むことができる~とか、どんな逆境にも耐えて、乗り越えることができる~とか。

こんなことだったらエピソードにできそうだな、って逆算してみるとか。

それが難しかったら、周りの人に相談するっていうのも結構、解決に繋がります。

通る自己PRの書き方

就活で必ずといっていいほどよくある自己PRですが、私なりに大切だと思っている構成は

①結論を述べる
②あえて問題点を挙げる
③それをどのようにして乗り越えたか?
④学んだ経験を貴社でも活かせるようにアピールをする

という感じです。

具体的にエピソードを盛り込むことが、なによりも大事です。

と言っても、少々わかりづらいかもしれないので、実際に私が使用していた自己PRを公開したいと思います。

実際に通過するようになった自己PR

何事も前向きに取り組むことができます。
喫茶店でアルバイトをしていた頃、最初は接客がスムーズにできない、仕事を覚えるのが遅いといった理由で先輩方に叱られることが多く、落ち込むこともありましたが、できていないということを素直に受け止めるようにしました。
そして先輩方の動きを見る、仕事の流れを自分なりに紙に描いてまとめるなど、常に前向きな気持ちを忘れずに取り組んだ結果、仕事が早いと先輩や仲間達に認められるようになり、お客様にもスムーズなサービスの提供ができるようになりました。
このような経験から、自分のために叱ってくださることはとても有り難く、心構え次第で物事は良い方向へと変わるということを学びました。
貴社でも常に前向きな姿勢で取り組み、少しでも多くの人の役に立ちたいと思います。

とにかく人物像が伝わる内容が効果的らしい

同じアルバイトのことでも、初めは、全く別のことを書いていました。

でも、「これじゃどんな人物か伝わらない!」と就職サポートの方に指摘され、何度も何度もやり直して、この形に辿り着き落ました。

そこで、私が辿りついた長所は、前向き。

なんとでもいえる長所だと思います。

何度も言いますが、要はエピソードが肝心なんだと思います。

最後に

社会人になってから思うのですが、選考する企業側は何百人もの学生たちの選考を行なっているので、一体、どんな人物なのか?

わかってもらうためにも、綺麗ごとを並べるよりも、どういう人物なのかが伝わるようなエピソードが盛り込まれていると、よりイメージが伝わりやすいと思います。

世の中には就職支援のための本や、情報がネットでも沢山出回っており、参考にするのもアリだとは思いますが、やはり最終的には自分の言葉で考えた方が相手にも響くと思いますし、その方が思いは伝わります。

自分らしく!プレゼンすることができたら、興味を持ってくれる企業は必ず出てくると思います。

少しでも参考になれば嬉しいです。

※ちなみに、都内なら新卒向けの無料就活サポートもあります。

ES添削・面談対策まで行なってくれるので、お勧めです。

都内近郊にお住まいの方でも利用することができます。

 

Thanks for reading !
この記事が面白かった、役に立ったと思ったら
シェアしてくださると、非常に嬉しいです!!

関連記事

関連記事
他にもこんな記事がよく読まれています