一人暮らし無職のニートだと精神的に不安定になる時の打開策

human

会社を辞めて無職になった時、初めのうちは「仕事に行かなくていい~!」という開放感でいっぱいでした。

でも、日に日にやることがなくなり、心身ともにダラけていってしまい、ニート生活にも飽きてきてしまいました。

そろそろ働きたいという気持ちはあるのに、企業の求人を受けても選考で落とされ、なかなか上手くいかないことが何ヶ月も続きました。

貯金の残高も減る一方で、不安が募ります。

出掛けるのにもお金は掛かってきてしまうので、
私はずっと家に引きこもっていて、誰とも話さない日が続き、精神的に病んだ状況に陥りました。

今後の目標も特にないため、本当に廃人のようにただただ時間が過ぎるだけの毎日でした。

精神状態を保つためには、程よい緊張感も大事です。

そこで今回は、少しでもニート(無職)の精神衛生上の負担を解消するための方法について書いていきたいと思います。

  • 転職エージェントに登録する

私は自力で求人を検索して応募していましたが、満足のいく結果は得られませんでした。

無料で転職の担当者がついてくれる転職エージェントを利用すれば、一人で闇雲に就活しているのとは違い、相談しながら可能性がある求人を紹介して貰うことができます。

気が付いたら、1日中ひきこもっている。 家にいることが好きで、寝る...

  • 派遣にも登録しておく

派遣の場合だと、内定スピードも比較的早いです。

希望の条件を派遣会社に伝えておけば、良い求人があれば紹介して貰えます。

登録しておくのは大手の会社の方が紹介して貰いやすいのでお勧めです。

転職活動を行なう際、私は長期的に安定した正社員を目指していたので、派遣と...

  • 単発のアルバイトを入れる

長期のアルバイトを入れてしまうとスケジュール的にも動きづらくなってしまうので、単発のアルバイトを探して入れます。

ちょっとした気分転換にはなります。

  • 実家に帰る

一人暮らしをやめて実家に帰るという選択肢は私の中でなかったのですが、一時的にでも帰省することで気分的にリフレッシュはできます。

交通費は掛かりますが、実家はやはり何かと楽だと感じることが多いです。

  • 受講料無料のスクールに通う

未経験でも歓迎してくれるスクールは無料のものも存在します。

受講後は就職活動まで斡旋してくれるスクールもあります。

自分自身のスキルアップにも繋がります。

20代にして転職を繰り返す私ですが、仕事が嫌になって会社を辞めたものの、...
 

最後に

ありきたりかもしれませんが、少しでも人と関わることによって気分は紛れます。

一人で塞ぎ込んでしまうと、上手くいくものも上手くいかなくなります。

何より、精神衛生上よくありません。

自分自身のためにも、少しだけでも社会との関わりを持つことは大切だと思います。

私と同じように悩んでいる人のために、少しでも参考になれば幸いです。

 

Thanks for reading !
この記事が面白かった、役に立ったと思ったら
シェアしてくださると、非常に嬉しいです!!

関連記事

関連記事
他にもこんな記事がよく読まれています