嫌いな飲み会をやり過ごすために実践できること5選

beer

突然ですが、私はハッキリ言って飲み会が嫌いです。

会社のしがらみは勿論、そもそもお酒が好きじゃなくて、騒ぐのも嫌だし、中には居酒屋のワイワイした雰囲気が好きだと言う人もいますが、私には全く理解ができません(全面否定)

でも、中には強制参加の飲み会とかあって、参加せざるを得ません。

それなのに、割り勘。

飲み会の費用って、1回につき3〜5千円は飛んでしまうので、だったらそのお金で自分の欲しい服や好きなものを買えるじゃないかという思考になってしまいます。

極論、行かなければいい。と言ってしまえばそれまでなのですが、一度は断っても定期的にあったり、逆に、年に数えるくらいしか開催されないと顔出しておかなきゃまずいかなと考えたりもします。

今回は、どうしても憂鬱な飲み会を少しでも和らげるために、私が実際に実践して効果のあったと思うことを書いていきたいと思います。

 

憂鬱な飲み会の時間のやり過ごし方

まず1つめは、今時やる?って感じですが、あえてお酌してまわる。

瓶ビールの場合に限られますが、人数が多ければ多いほど、その分、一人ひとりにお酌してまわるだけでも時間が経過します。

特に話すのが好きなおじさんとかいるので、適当に聞き流しておけば向こうが勝手に喋ってくれます。

実際、気が付いたら、あれだけ嫌だと思っていた飲み会も、「え、もう終わり?」という感じで、あっという間に終わりました。

2つめに、これは本当に参加するメンツにもよりますが、参考になる先輩から話を聞き出す。

普段、仕事で関わることのない人と一緒になった場合、知らない話を聞くせっかくのチャンスになります。

仕事に関することをはじめとして、これまでの経験談や考え方など、自分の中にはない、ためになる話をしてくれる先輩もいます。

普段は関わることが少ない分、こういう機会にしか聞けない話を聞ける価値はとても大きいと思います。

3つめは、周囲が気心知れた仲じゃないほど、聞き役に徹する。

私は基本的に自分のことを話すのが苦手です。

でも、何人もの人が参加している飲み会の中には、話をするのが好きな人もいます。

自分から発言するのが苦手だったら、誰かが話している時に耳を傾けて、ひたすら頷いてやり過ごします。

「あなたの話を聞いてます」というアピールにもなりますし、話をしている人にとって頷いてくれる相手がいることって、決して嫌な気持ちにはならないと思います。

4つめは、仲の良い人を見つけて、隣や近くの席をキープする。

せっかくの飲み会だけど、他部署の人達と交流することなく、もう盛り上がらなくてもいいと割り切ります。

同年代の子とひたすら仲間内だけで話している方が話も合って楽しいし、圧倒的に気がラクです。

嫌な上司や苦手な相手とは、無理に話す必要はないと思います。

最後に5つめは、せっかくお金を払っているので、食べることを我慢しない。

私は気を遣って、食べることを遠慮してしまっていた時期もあったのですが、遠慮して得することなんてないように感じます。

自分の食べたいものや飲みたいものをオーダーしたり、誰も手をつけない料理を取り分けたりしている方が気も紛れます。

二次会には参加するのか?

二次会に参加するかどうか渋っていると、確実に帰るチャンスを逃します。

みんなグダグダしていて、どうする〜?ってなっているし、私は断れなくて、結局二次会についていくことになったら、知らないおじさんに囲まれて、スナックみたいなお店に連れられたこともあります。

この人が参加するなら行きたい!と思う時もありますが、極力、参加したくないのであれば、周囲に合わせる必要なんて全くないと思います。

空気も読まずに、そっと集団の輪から離れて、直ぐに駅に向かってしまっても全然問題ないように思います。

飲み会に行くか行かないかの選択

大人になると、定期的に飲み会の誘いが舞い込んできます。

飲み会が嫌いだと言っておきながら、私は、誘われたら「行く!」って言ってしまいそうになります。

矛盾しているように聞こえるかもしれませんが、行ったら、そこにチャンスが広がっているかもしれないからです。

でも、参加しても全然つまらなかったり、無駄に疲れて帰ってきたことなんて、よくあります。

嫌な飲み会には参加しない。

それが一番だし、できることなら、なんのためらいもなくそうしたいです。

でも、組織で働いている以上、そう簡単に解決する問題でもないし、どうしても断れない仕事上の付き合いもあると思います。

飲み会という場を上手く活かして、人間関係を築き上げたり、仕事がやりやすくなったら理想的です。

憂鬱な飲み会も、人間関係を円滑にするためのきっかけとして上手く付き合っていきたい次第です。

 

Thanks for reading !
この記事が面白かった、役に立ったと思ったら
シェアしてくださると、非常に嬉しいです*

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です