経験したからこそ分かった事務に向いている人と向いていない人

pc

就職活動において、自分に向いている職業は一体なにか?と、模索してきました。

よくある適職診断を受けるたび、私は事務職に当てはまることが多く、その傾向としては、几帳面、規律性や協調性がある、物事を正確に進めることができる等で、あまりにもその傾向に当てはまることが強いので、自身でもそうなのかなぁ……とは思っていました。

そもそも、世の中にどんな職業があるのかも大して知らなくて、その中から自分の職業を選ぶことの難しさは有ると思います。

その点、事務職といったらどんな会社にも存在するし、求人も見かけることが多いです。

私は転職活動をしたのちに営業事務の仕事に就くことになりました。

ただ、実際に事務の仕事を通じて、自分が事務職に向いていないということだけはよく分かりました。

事務職は一般的に人気が高いとされていますが、実際に働いてみたからこそ、改めて分かったこともあるので、私が実際に感じたことを書いていきたいと思います。

 

ずっと座っていることが苦にならない

事務職なので当然ですが、勤務時間中はずっと座って仕事をするデスクワークです。

私はこれまで接客業のアルバイトとして働いていたことはありますが、ずっと立ち仕事で、動き回ることが当たり前でした。

特にお客様が来ない暇な時間が苦手なのに、ましてや長時間ずっと同じ姿勢で座っているというのは苦痛でしかありませんでした。

体力を使う仕事ではないので、そういった意味で事務職はラクなのかもしれませんが、まず、パソコンに長時間向かっているのが苦痛じゃないことが必須だと言えると思います。

事務といっても、来客対応など、動きのある職種もあります。

また、例えば、席を外してお手洗いへ行ったり、営業さんのいる違う階のフロアへ行ったり、倉庫へ在庫の確認へ行ったり、場合によっては自分で定期的に席を立つことは出来ますが、これも忙しさの状況であったり、職場の環境によります。

パソコン操作に抵抗がない

求められるスキルは会社によって違いますが、パソコンの基本操作さえできれば未経験でも雇って貰える企業は、いくらでもあります。

事務職に就く以上、最低限、パソコン操作に対抗がないことが挙げられます。

パソコンをずっと操作していると、肩凝りや腰痛になったり、1日中座りっぱなしで足が浮腫む傾向にあると思います。

また、同じ職場で働いている同僚もそうでしたが、デスクワークを続けていると、ほとんどの確率で視力は下がります。

ただでさえスマホを操作する時間も長いのに、就業時間中もパソコン画面をいじっているとなると、目が休まる時間の方が少なくなってきます。

ブルーライトカットの眼鏡は手放せません。

長時間デスクワークをしていると、目を駆使するので、眼鏡が手放せなくなりま...

数字に苦手意識がないかどうか

几帳面とはいっても、私個人的には数字が羅列してあるのを見るだけでも苦手です。

特に、桁数が長いと途中で分からなくなったりするし、根本的な話になってきますが、それを扱うこと自体が不得意でした。

もし1桁でも数字の単位が間違っていたら、その些細なミスが会社の損益に関わることので、大変なことになりかねません。

確認作業を繰り返すことは、必要不可欠です。

数字を取り扱うことも出てくる事務の仕事は、自分が数字に対して不得意ではないかという部分も大事になってくると思います。

単調な毎日が続く

時に臨機応変な応対が求められるとはいえ、基本は単純作業の繰り返し、でもミスは許されません。

事務の仕事って、正確にやって当たり前だと思われているので、感謝されることは少ないうえに、間違えた時に、上部から凄く追求されるので、それがプレッシャーにもなります。

それでも集中力を絶やさずに作業しなければならないですし、そういった意味で、コツコツ作業を正確に続けられる人が向いているのだと思います。

給与の面で期待はできない

会社にもよりますが、一般事務より少し給与の高いとされている営業事務でさえ、薄給で決して余裕のある生活ができている訳ではありませんでした。

私は最低限の生活さえできればいいと思っていましたが、特に一人暮らしをしていると家賃や光熱費は月々掛かってきます。

正社員としての昇級制度があっても、その金額は僅かで、たとえ何年働き続けたとしても、将来的に給与が上がる見込みは低かったです。

それでも、細かい作業に取り組んだり、地道にコツコツ積み上げるのが得意な人、人のサポートをするのが好きな人にとっては向いていると思います。

最後に

事務といっても、幅広いので、経理や英語のスキルを身につけるとどこへ行っても使えますし、自身の財産ともなり、給与もそれなりに高いです。

就職活動をするうえで、働かないと生活できないので、どこかで妥協しなければならない部分も出てくるかとは思います。

現に私がそうだっただけなのですが、続けられない仕事に就いても、転職を繰り返すことになってしまいます。

その経験が無駄になるとは決して言い切れませんが、ある程度、仕事内容について理解しておいた方が良い部分はあると思います。

何事も、やってみなきゃ分からないといえばそれまでですが、少しでも事務職の仕事について参考になれば嬉しく思います。

最後に、少しでも事務の仕事に興味を持っているなら、未経験でも無料で参加できる説明会があるので、視野に入れてみたり、女性向けの転職サイトを利用してみると良いと思います。

正社員で長く働き続けたい人にとって、
とらばーゆや、女の転職@typeでは、女性に特化した求人情報が満載です。

未経験でも働ける案件が豊富に取り揃えられているため、まずは登録しておくだけでも、転職活動の情報収集には役立つと思います。