長期フルタイムの派遣ってどんな感じ?若いうちならオススメの理由

MGBQ17CX9F

正社員として働くことが一般的で安定とされている世の中で、「派遣として働くって実際どうなんだろう?」と自分の中で疑問に思うことがありました。

私は、これまで短期の派遣に登録したことはあっても、社会人になってからフルタイムで派遣として働いたことがありませんでした。

今回は、私が実際に長期派遣として働いてみて感じたことについて書いていきたいと思います。

 

実際、派遣ってどうなの?

よくドラマとかで見る派遣のイメージは、すぐに切られる。

雇用が安定していないので、いつクビになってもおかしくない立場にいるのは事実です。

身近な人たちからは、若い時はそれでいいかもしれないけど…。とよく言われ、長い目で見たら、正社員の方が良いんだなという認識はありました。

でも、実際に派遣として働いている人は周りにおらず、私の情報源はインターネットのYahoo!知恵袋でした。
そこで検索しまくった結果「派遣社員よりも正社員の方が絶対に良い!」という結論に辿り着きました。

長期雇用、安定した収入、社内での扱いの違い…。

総合的に見て、派遣は格下扱いだという印象を受けてしまいました。

そのため、転職活動をする際に、派遣として働くという選択肢は手段に入れず、私はとりあえず転職サイトに登録しまくって正社員での採用を大前提に転職活動を行なってきました。

人間関係、仕事内容、給与などの待遇、あらゆる職場環境において不満があると...

ただ、正社員や派遣に限らず、共通して思うことは、やはり実際に働いてからじゃないと社内の実情は分からないいうことです。

「正社員で楽しいのが一番良い」というのが理想的ですが、アルバイトや派遣、契約社員など、非正規だからこそ割り切って仕事できるという部分があるのも事実です。
(というか、そもそも非正規ってなんだよ。って感じですけどね。人材のおかげで業務が回っているのに、その扱いが敵に回しているわ)

派遣で働くメリット

大手企業で働ける

私は元々、頭も良くないし、コネもないし、誰もが知っている大手企業で働くことなんて、まず不可能です。

普通に生きていたら縁のないような会社でも、派遣とはいえ、有名企業で働けることの価値って、想像以上に大きいと感じました。

正社員では入りにくい業界も、派遣だからこそ働ける場合もあります。

大手企業の場合は、オフィスが綺麗だったり、高層階からの眺めが抜群だったり。

当たり前かもしれませんが、大きな自社ビルを構えていたり、大規模な商業ビルに入っている企業も多いので、とにかく規模が違います

そんな環境に身を置いていると、少なからず、良い意味で影響を受けることができます。

周りの優秀な社員から刺激を受けることだってありますし、毎日の仕事のモチベーションも上がります。

仕事内容で選べる

世の中には、派遣だから募集している職種も沢山存在します。

例えばですが、住宅ショールームメーカーの受付や、ショッピングセンターのインフォメーションなど、比較的、若い人の多いイメージの職種では、そもそも派遣社員としての募集しか掛からない傾向があると思います。

そういった意味では、若いうちにしか経験できない業務の内容だと思っています。

時給も比較的高い金額で設定されているので、場合によっては、正社員より稼げるケースも出てきますし、キャリアを積んで転職をすることも可能です。

気持ち的に気楽に働ける

私は正社員で働いてみたからこそ分かることだけれど、正社員だと責任は重くて安い基本給で働いているのに対して、派遣だと、気持ち的に割り切って仕事ができます。

派遣は、仕事を条件で選べるという点でメリットですし、自分のやるべき業務が明確に決められているので、求められていることに対してだけ集中して取り組み、遂行するだけです。

正直、正社員だとずっと同じ職場で働き続けなければなりません。

長年勤めているお局さんの機嫌を伺ったり、人間関係に悩まされたり。

勤務時間外にも連絡が入って、仕事のことを考えたり、思い出しただけでもストレスです。

その点、派遣は職場を選ぶことができます。

人間関係に恵まれる場合も勿論ありますし、それほど悩まなくて良かったりもします。

気の合う人たちとは、仕事の垣根を越えて仲良くすればいいだけの話です。

派遣社員は社内の人間としてではなく、部外者として扱われることがあると聞いたことがあり不安に感じていたのですが、派遣社員が多い職場を選べばそんなことは関係なくなります。

なにより、正社員だと断れない飲み会、面倒くさい社内の派閥。

人間関係において、嫌なしがらみがないことって、考え方によっては派遣社員としての大きなメリットでもあると思います。

一般的に、派遣で働くよりも、正社員の方が良いということは広く知られている...

また、時間の融通も利くので、いつでも身軽に動くことができます。

私は、正社員が一番良いんだと思い込んでいました。

でも、派遣社員として働いてみて、こんな働き方もあるんだということを知りました。

派遣として働くことに対して、将来の保証がない、雇用が不安定だと懸念される...

正社員が必ずしも安定じゃないと思う理由

自分の親世代以上の人たちは、派遣は将来性がなく、絶対に正社員の方が安定していて良いに決まっていると言うと思います。

それは一般論であって、かならずしも、それに当てはまる訳ではないと考えています。

正社員以上の稼ぎが望める場合もありますし、派遣社員としての働き方があるのは事実です。

そもそも実力のある人はどこでもやっていけるし、スキル等があれば、場所を問わずに仕事をすることは可能だと思います。

例えば、IT系の会社だったら、派遣でも2000円以上など、時給はかなり高いです。

パーソルテクノロジースタッフ

全ての仕事で、交通費も別途で支給してくれます。

WEB上で気軽にオンライン登録が可能です。

20代のうちに経験しておきたい理由

私は、20代半ばを過ぎて、そろそろ安定したいと思うようになり、正社員の事務として働き出しました。

でも、終身雇用といっても「本当にこのままでいいのかな?」という焦りや不安はありました。

周りからはまだまだ若いとは言われるけれど、10代や20代前半の頃に比べると、年齢的にも自分自身の中で葛藤することがあります。

派遣として、長期的に働くことは厳しい。

一般的にはそう言われていることが多い派遣ですが、
じゃあ、逆に今しかできないんじゃない?とも思いました。

実際に転職してみて、狭かった視野が広がったので、私は良かったと思っています。

派遣の求人募集は詳細な仕事内容が公にされていない分、見えない部分も多いけれど、中には、こんな仕事もあるんだ!と感じるような、自分の知らなかった職種や仕事内容も世の中には沢山あります。

大手企業だったら、派遣として募集を掛けている会社も多いです。

派遣だからこそできること、派遣にしかない求人もあります。

働く手段のひとつとして、「派遣として働く」という選択肢もあるんだということを実感しました。

どんな仕事でも絶対、経験値としても身に付きます。

中には将来的に正社員として働くこともできる紹介予定派遣もあるので、派遣会社に登録、挑戦してみるだけでも無駄ではないと思います。

転職活動を行なう際、私は長期的に安定した正社員を目指していたので、派遣と...
 

Thanks for reading !
この記事が面白かった、役に立ったと思ったら
シェアしてくださると、非常に嬉しいです!!

関連記事

関連記事
他にもこんな記事がよく読まれています