婚活で知り合う男性が残念だと感じてしまうこと

自然に出会うことがないからこそ婚活しているのだけれど。

恋愛対象として見れない人と出会うことが多すぎて疲れているのは、きっと私だけじゃないと思う。

だからといって行動範囲を広げなきゃ出会えるものも出会えないと思って婚活に励んでいるのだけれど、婚活で知り合う男性と、そうじゃない場で知り合う男性って、こうも違うのか……と個人的に思ったことについて書いていきたいと思います。

CASE1

婚活パーティーで知り合った通称男友達くんからは、次ドライブ行こうって提案されたから、行きたいところ伝えたら却下される。

結局、向こうが行きたいって言ったチェーン店の焼肉に行くことになったのだけれど。

私が住んでいる場所までだったら車で行けるとか言っておきながら、集合を指定されたのは相手の最寄り駅。

別に行くけど、自分発信で言っていることに対して、実際の行動が伴っていないことに違和感を覚える。

着いたら店内は超混んでて、結構待たされて、待っている間も楽しくなければ、最終的に割り勘。

寒い中わざわざ電車乗り継いで行って、帰りの車中もずっと寒くて、そう伝えても全く改善されなくて、私は足元が超冷えた。

勿論、良いところもあるのは分かっているけれど、それ以上に気になる部分が目がいってしまうという話。

他にも、言い出したらキリがないほどモヤモヤする部分はあったのだけれど、色々と積み重なっていって、私の気持ちも冷めていってしまった。

CASE2

同じく婚活パーティーでマッチングして食事に行ったのは、ひと回り以上も歳が離れている40代のメーカー営業職。

大人な男性は美味しいお店も知ってるし、奢ってくれるし、向こうに任せておけば良い安心感はある。

私は仕事の話を聞くことも好きだから、相手が勝手に仕事の話を何時間も延々と続けていても、凄い!とすら感じていた。

ずっと聞き役に徹して笑顔で相槌を打っていればいいのは、楽と言えば楽だったのだけれど。

2回目以降に会った時も、また同じような話を何度も繰り返されるから、後半はただただ辛くて、もはや脳内で違うことを考えていた。

朝は早く出社するとか、仕事とプライベートはキッチリ分けるとか自慢気に言ってたけど、食事中も、ひたすら自分の仕事のことについて話してて、いや、分けられてないけど。って突っ込みたくなったわ。

本当に分けられている人は、プライベートで仕事の話すら持ち込まない。

なにより、前回会った時の話を覚えていないっていうところに残念な気持ちにしかならなかった。

……それほど興味ないっていうことの裏返しでもあるよねと思っている。

あとは、聞いていないのに自分の過去の恋愛遍歴について語り出して、そこで終わればまだ良いけど、自分も話したから聞かせてって強要されるのがなんか無理だった。

CASE3

婚活じゃない場で知り合った通称イケメンくんとは映画に行くことになって、どこも混んでそうだから相手の地元の近くで会うことになったのだけれど。

住んでる場所が離れているにも関わらず、私の家の近くまで車で迎えに行こうか?って言ってくれる。

遠いから大丈夫って遠慮したけど、何も言っていないのに、この気遣いが嬉しい。

…別に比べるものでもないし、人なんだから合う合わないがあって当然なのだけれど。

段取り悪いと、スマートじゃないな。って、ガッカリしてしまう私は相手に求め過ぎなんですかね。

それぞれ価値観の違いとか、お互いの相性とかもあるけど、恋愛以前に、人として相手に対する思いやりって大事。

婚活で知り合った人は、案の定、分かりやすく奥手だったり、女性に慣れていない印象を受ける人も多いと、しばしば感じてしまう。

人付き合いが苦手な私にとって、新たに人間関係を構築する婚活でのアポなんて疲れるだけでしかない。

でも、結婚できないのは、もっと無理。

という訳で、自分磨きを怠らないことと、交友関係を広げるためにも出会いがありそうな場に積極的に参加していこうと思います。

follow me ♡