母親の話を聞いて、結婚観について思うこと

親からよく言われているのは、結婚がゴールじゃないし、結婚しても所詮は他人同士だってこと。

特に一人暮らししてると、すべて自分のペースで生活できるから、一緒になった時、他人に合わせるっていうのが大変なんだろうなって思う。

で、最初は相手に合わせられるかもしれないけど、やっぱりそう長くは続かないって。

それ聞いて、ああそうなんだなっていうのを、改めて感じた。

本当、家族でのコミュニケーションって大事なんだなってつくづく思う。

特に社会に出てからそう思わされる。

家庭っていう一番身近なコミュニティーが小さいけど、その積み重ねな訳だから。

あと、一人暮らしで友達とか沢山いれば別だけど、私の場合、仕事中もほとんど会話しないし。

帰っても一人だから、本当、人とコミュニケーション取る場所不足してるなって。

人との関わりって言っても、事務だからなあ。

最近、遊びに行っても疲れるから。←

もっと人と関わる仕事の方がいいのかなって。考えたりもしてるけど、それはそれで気苦労が絶えなさそう。

あとは、苦しいことがあるからこそ、楽しいことがあるっていうのを聞いて、まさにその通りだな。とも思った。

経験してきたからこそ、話に説得力がある。

まあ、なにが言いたいかっていうと、母は偉大ってことです。

follow me ♡