* 受付の仕事をする目的。すべては自分磨きのため *

仕事を変えてから、日々の業務の中で自分磨きも兼ねていると思うのは、意識して背筋を伸ばすようにしていること、立っている時も笑顔でいること。

仕事の制服でパンプスを履く以上、必然的に綺麗な姿勢を維持せざるを得ない。

背筋を伸ばして立っているのを長時間キープしているだけでもエネルギーは消費しているはずだし、体幹トレーニングにはなっている、と勝手に思っている。

私は元々姿勢が悪いから、気を張っていないとつい姿勢が崩れてきてしまう。

普段、使わない筋肉ばかりだから鍛えられている感じはするんだけど、これが普段の生活でも染みついてくれるといいなあ。というのを感じている。

肩凝りとか浮腫みとか、身体の歪みが原因で見事に疲れやすいから、不調なことが多いのだけれど。かと言って、長年染みついたクセを治すことは、そう簡単なことではない。

仕事をする目的は、もはやダイエット意識と、身体を鍛えるトレーニング。

どこに焦点当ててるんだって感じだけど、家の中に居ても絶対にやらないっていうか出来ないから、仕事でやらざるを得ない状況の方が私は必然的に出来る気がする。

ただ、仕事で履くパンプスが痛くて、長時間ヒールのある靴を履いていても疲れない人とか、ハイヒールを履きこなしている綺麗なお姉さんとかを見ると、本当、どうして?って思う。

普段から履いてる人は慣れって言うけれど、姿勢が綺麗で痩せている人は、自然と歩き方も綺麗。

私は普段、スニーカーとかぺたんこ靴しか履かないから、慣れないヒールの靴を長時間履くのが痛くて仕方ない。

とりあえず今の改善策は中敷き(インソール)を詰めること。