《婚活》独身証明書の発行の仕方と注意点

pen

結婚相談所に登録すると、独身を証明するための「独身証明書」が必要になってきます。

独身証明書を発行するにあたって、私は少しだけ手間が掛かったので、取り寄せる際の注意点について書き残しておこうと思います。

独身証明書の発行の仕方

結婚相談所に登録する際に、身分証明書・独身証明書・収入証明書(男性のみの場合が多い)・卒業証明書(大卒以上の場合)の書類が必要になってきます。

「独身証明書」とは、
戸籍に基づき民法第732条(重婚禁止)規定に抵触しないことを公証する証明書です。

本籍地のある役所に問い合わせれば発行して貰うことができます。

本籍地は、戸籍を保管している市区町村役所にあたります。

私は「本籍地って何!?」という次元でした。

今までそんな証明書を発行したことがないので、私はろくに調べもせずに、とりあえず近くの役所に行けば簡単に貰えるものだと思っていました。

しかし、想像以上に待たされた挙句、問い合わせてみても、直接、教えて貰うことはできません。

自分の本籍地は一体どこになっているのか?

おそらく実家の住所だということは推測できても、私は過去に何度か引っ越しを行なっていました。

そのため本籍地は一体どの住所なのか、どこの役所に問い合わせなければならないのかも分かりませんでした。

結局、私の場合は実家の生まれた住所が本籍地になっていました。

自分で分からなければ、親に聞いてみるのが一番手っ取り早いと思います。

もしくは、近くの役所で住民票の写し(住民票記載事項証明)を取得し、本籍地を記載して貰うことによって、本籍地を知ることができます。

住民票は、発行手数料に300円ほど掛かり、コンビニで取得することも可能です。

独身証明書を発行・郵送して貰う流れ

自分の本籍地が分かったら、該当の役所へ問い合わせるのですが、現住所から離れている場合、該当の役所のHPで必要事項を確認して、郵送で送りつけてしまって大丈夫です。

手順については各HPにも記載していますが、抜粋すると独身証明書を発行するのに必要なものは、以下の通りです。

1.本人確認書類のコピー
運転免許証など、公的書類かつ現住所が確認できる身分証明書のコピーがよいでしょう。

2.独身証明書の発行手数料(定額小為替)
郵便局で購入できます。手数料は役所により異なりますので、あらかじめ問い合わせをしましょう。一般的には、150〜400円程度です。

3.返送用封筒
82円切手を貼り、氏名・現住所を記載した封筒を同封します。

4.独身証明書申請書
以下の「独身証明書申請書のダウンロード」より取得いただき、必要事項の記入・捺印が完了したものを送りましょう。

独身証明書を郵送で取り寄せる場合、郵便局の窓口で定額小為替を購入しておく必要があります(※定額小為替とは、現金を定額小為替証書に換えて送付する送金方法です)。

ゆうちょ銀行:定額小為概要

窓口で、住所・氏名・電話番号を記入し、独身証明書の発行手数料+定額小為発行手数料100円(全金種共通)を支払えば発行して貰えます。

この小為替を購入できる時間帯も、基本的に、平日の9時~16時までなので、注意が必要です。

独身証明書を発行するためには、多少、手間の掛かる作業に感じますが、事前に知っておけば手続き自体は簡単です。

あとは、該当の役所の住所を確認して送付すれば、数日後、独身証明書を発行して返送して貰うことができます。

独身証明書を取り寄せることができたら、無事、結婚相談所へ登録するための事前準備が整います。