ブログを趣味にしても稼ぐのは簡単ではないと思うこと

book

今に始まった訳じゃないのだけれど、ブログの方向性について悩んでいる。

日常的に生活していて、自分が書きたいことと、検索されて需要がある記事は違うよなぁ。と、つくづく思う。

様々なブログサービスを利用してみて感じることは、アメブロだったりFC2ブログなどは比較的アクセス数が集まりやすいのに対して、独自ドメインは本当にGoogleなどの検索エンジンに評価されないと誰も見てくれない傾向にあると思う。

投稿する内容だったり、記事の文字数だったり、あらゆる要素によって検索順位もそれぞれ影響もしてくる。

世間では、ブログで生活ができるほど稼いでいる人もいるのだろうけれど、私は決して稼げてはいない。

そもそも更新頻度が少ないと言えばそれまでだけれど、私はブログのタイトルに「スロウペース」と名付けるくらい自他共に認めるマイペース。

…ネーミングセンスよ。って感じだけれど、気が向くまま、ゆるゆると生きている。

高校生くらいの時に無料で作れるHPサイトを運営していた頃や、アメブロをやっていた頃。

大したことを書いていなくても同じコミュニティや興味のあるジャンルにいた人も多かったせいか、ある程度のアクセス数は集まっていた。

昔からブログは書いていて、携帯から日記のように、あった出来事や思っていることを書き綴ってきた。

でも、独自ドメインに移行してから全くと言っていいほどアクセス数は稼げずにいる。

それに、誰も他人の日常生活に興味なんてない。

私は、OLさんとかのブログを見るのも好きで、色々と参考になることはあるのだけれど、ファッションとかトレンドとか話題のスポット等は勿論、皆さん、どんな仕事しているんですか?と個人的に気になっている。

私は、せっかく書いているのだから出来るだけ沢山の人に見て貰いたいと思う反面、決して必要以上に注目はされたくはないという矛盾を抱えて生きている(闇)

承認欲求が強いのか、そうじゃないのかどっちだよ✋って感じなのだけれど。

…考え過ぎても前に進めないから、手を動かしながら考えることが大切なのだと思う(ありきたりな言葉)

会社、辞めます。ブログは、私が社会人になって初めて仕事を辞めることを決意した時に付けたタイトル(何故かサブディレクトリという訳の分からない形式になっている)

今の仕事を辞めてどうするの?って感じじゃないですか。

中には、会社員を辞めて起業したり、独立したりフリーランスとして働くという人もいるのかもしれないけれど、決して私はそれを提唱している訳ではない。

世の中には色々な働き方があって、脱サラして新たな道を開拓している人もいるのかもしれない。

でも結局、転職して会社員として働く人が圧倒的に多いし、それが一番現実的なのだと思う。

本当は会社を辞めずに、自分の活動範囲を広げて所属するコミュニティを増やすのが良いのかもしれないけれど、一日の中で過ごす時間が長いのが職場だから、私の中で手っ取り早く周りの人間関係を変えられるのが転職なのかもしれない。

歳を取るごとに、これまで積み上げてきたものを簡単に壊せなくなってしまうから、後々、後悔しないために変化に柔軟に対応できる若いうちに動いておいた方が良いとは思う。

転職に限らず、何事も。普段の生活でも同じことが言えると思うけれども。

私の視野が狭いだけなのかもしれないけれど、世の中には色々な働き方とか、知らないことが沢山あるんだなぁと感じさせられる。

普段、普通に生活していて、自宅と職場の往復をしていても大して頭を使わなかったりするから、知らないことを学んだり、普段関わらない人と話したり、使わない箇所の脳や身体の筋肉を使ったりして、あらゆる刺激を受けることは大切なのだと思う。

ただ、中には高額の塾や情報商材だったり、ネットワークビジネスだったり、怪しい商売も少なからず存在する。

ひとつ言えるのは、ブログで楽に稼ごうと思っても、決して簡単には稼げないということ。

普通に生活していたら毎日仕事に追われて時間もないし、変わらない日常で書くこともなくなってくるし、毎日続けるモチベーションも保てなくなってくる(言い訳はいくらでも出てくる)

それに、せっかく考え抜いて書いた記事も簡単にパクられてしまう。

しかもパクっただけの方が何故か優先的に上位表示されていたりするから、なんともやり切れない気持ちになってしまう。

趣味や備忘録としてブログを活用するのはお勧めだけれど、私が稼げていない以上、安易に稼げますよ!お勧め!とは決して言えない。

単にお金のためだけなら、稼げないって分かったからすぐ辞めると思うんですね。

それでも私がブログを通して発信し続けるのは、自分のためになっている部分もあるからだと思う。

…何が言いたいのか分からなくなってきたけれど、これからも気が向くままに感じたことを書き綴っていこうと思った所存です。