婚活アプリで年収1000万円以上の人と実際に会ってきて感じたこと

human

婚活でマッチングアプリを使っていて、初めてと言ってもいいくらい、この人と会ってみたい!と思ってしまうほど、期待を募らせてしまった人がいたのね。

やっぱりプロフィールって大事だと思うんだけど、非の打ちどころがないくらいネガティブなことが一切書かれていなくて。

微妙に内容が変わっていたりするから、この好印象は計算し尽くされたものだとは感じている(深読み)

突然、会うことになった経緯

アプリで知り合う人って、実際はどんな感じの人なのか分からないじゃないですか。

LINEに移行して何日かやりとりはしていたのだけれど、仕事が忙しいというのを言い訳に、基本的に返信が遅くて、本当に会えるかどうか分からない状態だったんですね。

アプリで出会って結婚できた人がいるのも知っているけれど、なんだかアプリを利用している男はまともな人はいない気がしてきた…。

だから、期待はしていない(疑心暗鬼)

それなのに突然、連絡が来たと思ったら、

仕事早く終わったらから会える?

LINEで、この文字。

いや、今から?…急だな。

まず、相手との中間地点も隣の県だし、女子は出掛けるのに準備が色々とあるじゃないですか。

普段なら、無理に決まってると思って、絶対に行かないのに。

たまたま、その日、近くで友人と会って食事してたのね。

ちょうど終わった頃だったから、タイミング的には良くて。

でも、急に連絡が来てもびっくりするし、いきなり言われても困るじゃない。

普段ラクな格好しかしない私は今日全然スカートとかじゃないし、化粧も直したいし、準備できてないのに。

どうするか一瞬迷ったのだけれど、タイミング的に会えなくもないから、了承して会うことにしました。

……いや、これからって!

色々と準備したいし、何より緊張する!!!

もう一人でソワソワして、待ち合わせまでの限られた時間の中で、必死で顔面を整えましたよ。

実際に会ってみた感想

駅の近くで待ち合わせで、超緊張しながら会ってみた感想。

実際、第一印象が、その…頭皮が残念なことになっていて(失礼)

顔写真から決してイケメンではないのは分かっていたけれど、なんていうか、年収1000万超えのハイスペック感すらなく、普通にその辺に居そうなレベル(酷い)

極め付けは「30分しか時間ない」とか言って、事前に言っていたご飯屋さんにゆっくり行く訳でもなく、近くのカフェで軽くお茶だけすることに。

……だから特別書けるようなこともないのだけれど。

いや、忙しないなww

初対面で話した印象

カフェは先にカウンターで注文するスタイルで、お互いが別々にお会計をして、席に座る時も、なんかずっと相手がソワソワしていて、特にエスコートしてくれる訳でもなく、なんだか落ち着きのない感じでスタート。

仕事の話を聞いたり、好きなタイプの話をしたりしました。

結構、時間が限られている中で聞き出せた相手のタイプは「可愛い子」らしくて(出た)

芸能人で言うと、乃木坂46のアイドル系が好きらしい。

私も可愛い子は好きだから「分かる!!!」って言ったら「本当!?」って食い付いてくれたけれど、いや、アナタ決して人のこと言えるほどの顔面ではな (ry

私もイケメンは好きだけれど、決してジャニーズアイドル並みの顔面を相手には求めていないので。

ひたすら笑って、相手に話を振ったりしていたけれど、時間になって、嵐のように去っていったよねw

もう、私のドキドキ返して。

今回の教訓

年収も1000万以上で、ついその数字にフォーカスしがちだと思うんだけど。

実際、私が受けた印象としては、顔重視の男。

やっぱり可愛い子が好きなんだなーっていうのは、会話の端々から伝わる。

…私、思うんだけど、相手の顔についてとやかく言っていいのはイケメンだけだと思う。

もっと言うと、性格までイケメンな人はそんなこと言わないと思うけど。

だからこそ、誰に対しても分け隔てなく接することができる人って、本当に尊敬する。

年収1000万円はお金持ちなのか

婚活をしていて、相手の年収は1000万円以上が良いっていうのはよく聞くと思うのだけれど、年収1000万円って、大してお金持ちでもないよね。っていう勝手な持論があって。

その理由としては、ほとんどが税金として支払わなければならないから。

調べてみたら、諸々差し引かれた手取りとして、650〜700万くらい。

特にサラリーマンとかの場合だと、終電ギリギリで帰ってくるほどの激務の場合が多いし、贅沢できるほど、そんなに裕福でもないよね、というところ。

年収が1000万円以上あれば幸せになれるのか?って問われると、決してそうではないよね。

婚活において年収を気にしないとはいえ、やっぱりバランスの取れた生活を維持するために、ある程度のお金は欲しいのは事実。

リアルなことを言うと、年収400万くらいが理想。

単純に計算して、月33万くらい。

というのも、私が育った家庭は貧乏だったし、年収にして300万以下だったから。

家がお金持ちで、なんでも買い与えられていた友達が羨ましかったけれど、なんでもかんでも買って済むっていうような環境ではなかったからこそ、親が色々と工夫してくれたことだって沢山ある。

例えば、身の回りで必要なものは縫ってくれたり、毎日当たり前のようにご飯を用意してくれたり。

手作りで色々と工夫してくれたことに愛情を感じるし、自分もそういう家庭を持ちたいと思ったきっかけなのは事実。

贅沢がしたいとは思わないから、ある程度、やりくりをして、余裕のある生活をしていける気はしている。

ただ、将来、子どもが出来て、他にも色んな出費を考えた際に、その数字が正しいかどうかは実際に経験した訳じゃないから、なんとも言えないのだけれど。

今回の婚活アポまとめ

…うん。なんだろう。

一目見て、顔で「ないな」って判断されたのかな。って感じだな。

向こうの都合で呼び出しておいて、向こうの都合で去って行って、そのこと友人に話したら「それキレて良いレベルだよ」って言われたw

相手の都合に予定を合わせて、そんなの苦じゃないほど楽しませてくれるなら別だけど、そうじゃなかった場合、残念でしかないよね。

まあ、向こうも(一応)年収高いから、可愛い女の子を顔で選んでいるんだろうなっていうのは伺える。

でも決してイケメンではないし、顔にこだわる男ほど、ろくでもない。

私は今回たまたま近くに居たから会うことにしたけれど、自分都合で呼び出すような男も無理。

なんか全体的に余裕を感じられなかったし、そういうのって、相手にも伝わるんだなーっていうのは、よく分かりました。教訓。

それに、本当のお金持ちはケチじゃない。これに尽きる。