* 結婚適齢期を突きつけられる現実とアラサーの恋愛事情 *

アラサーにもなると「結婚」っていうワードからは避けられないじゃないですか。

私まだ20代だし!と思っていた25歳くらいの頃を越えて、完全にアラサーと呼ばれる世代な訳だけれども。

どんどん周りは結婚したり、出産を経験している人も増えていく。

たまにFB開くと、みんな結婚報告していて、羨ましいのと、結婚適齢期を突きつけられるのがつらい。

発表が突然でびっくりするんだけど、自分が知らないだけで、それ以前に付き合ってる期間とかある訳だもんね。

って考えると、私、彼氏すらいないのに、30歳を過ぎても結婚できる気がしない。

いずれはしたいけど、なんていうか相手とタイミング次第だよね(言い訳)

特に、親をはじめ、親戚同士で集まった時には必ずと言っていいほど「結婚は?」とか「良い人いないの?」って聞かれるようにもなる。

自分だけ取り残された気持ちになってくるし、外に出て、恋人同士だったり家族連れを見ると、どうして私は一人なんだろう。って、妙に寂しくなる。

アラサーの恋愛事情

アラサーにもなると、年齢的に結婚を視野に入れてるからこそ「盲目になる恋」とか「本当に好きな人」とか言ってられないとは言うじゃないですか、世間一般的に。

自分にも突き刺さる言葉で言うと、婚活市場的に「結婚できない人たちの集まり」だから、現実的に考えて、そんな人と巡り会えないってことくらい分かっているのだけれど。

ろくに恋愛してこなかった私は、それでもやっぱり、理屈じゃない恋愛がしたいよ。

ときめきたいものは、ときめきたい(枯渇してる)

今は、彼氏が欲しい!って思っているけれど、次、付き合ったら、結婚はいつ?って焦るだろうし、本当にこの人でいいのかな?っていう不安も生まれるだろうし、お互いの家族の問題とかもあるだろうし、例え、結婚しても、子作りの問題とか、妊娠しても、出産とか、育児の大変さとか、日々のストレスとか、近所付き合いとか、お金の問題とか、色々あるんだろうな……って考えると、なんていうか、気苦労が絶えないよね。

よく言われていることだとは思うのだけれど、結婚がゴールじゃないし、その先も見据えて、本当にこの人と一緒にいたい!と思える相手と結婚することが大事なんじゃないかと思い始めている。

結婚したい!!とは思っているけれど、本当に幸せじゃない結婚をしても意味はないと思っている。

アラサー女性としての生き方

ブログやSNSを通して、綺麗で可愛い人たちの恋愛事情とか結婚とか主婦像とかを見ていると、こっちまで「いいなー、幸せそうで。」っていう気持ちにさせられる。

惚気話とか聞くのも私はわりと好き。

色んな価値観を知れたりして、よき刺激にもなる。

人の縁って何気ないけど、
本当に、それがいちばん大事だよね。

年を取ることに対して悲観しそうになるけれど、30歳越えても綺麗な人がいるのを見てきているし、人生楽しそうなのを目の当たりにしていると、年齢って関係ないな、とも思う。

関係ないというか、年齢を重ねるごとにその経験値でしか出来ないこともあるし、若いだけの人とはまた違った良さもある。

そう考えると生きていくことがもっと素敵になるんじゃないかな?とも思っている。