結婚できないアラサー女が30歳手前で結婚した男性に話を聞いてきたこと

human

今に始まったことじゃないけれど、どうやったら結婚できるのか?というのが私の中での専らの課題。

特に「30歳」という節目に差し掛かるにあたって、独身なら誰しもがぶち当たる問題が結婚だと思う。

私は、周りの既婚者に意見を聞くのも参考になるかな~と思って、知り合いの男性と話をする機会があったので、印象的だったことを書き残しておこうと思う。

30歳手前で結婚した男性の話

30手前で結婚した男性に話を聞いたら、正直もっと遊びたかったらしい。

飲みに歩いたり、若いうちにしかできないこともあるって。

私が見る限り、超子ども可愛がっていて、凄く家族思いの良い旦那さんでも、そう思うことがあるんだって知ったら、なんだか複雑だった。

でも、正直に話してくれるあたり、かなり好感持てる。

今のパートナーについて

今のパートナーより他にもっと良い人がいるんじゃないかと思った話とか、付き合っていた頃はお互いにまだ猫を被っていた状態だった話とか。

一緒に暮らすと相手の嫌な部分が見えてくるとか、やっぱりそうだよなあ~と色々考えさせられる。

よく「結婚しても所詮は他人」的なことを聞くけれど、結局、人は一人でしかないんだよなぁとも思う。

生まれ育った環境によって「普通」とか、「当たり前の感覚」とかあるけれど。

何が正解なんて分からないよね、夫婦にはそれぞれの形があると思うから。

私は、婚活しているわりに候補の相手すらいないし、これから先のことなんてまだまだ想像できないくらい見えないし、分からないことだらけだけれども。

少なくとも、経験してきた人に話を聞くだけで参考になる部分は沢山ある。

結婚するためには

結婚するためには、どうしたらいいのか?

私の身の回りの結婚した人に話を聞く限り、共通しているのは決して焦ったらダメだということ。

とはいえ、結婚したいと思っているのに相手すらいないと焦る。

特に節目である30歳を超えると、何かと「だから結婚できないんだよ」っていうレッテルを貼られるし、女は歳を取ると出産だって厳しくなるし、難しいところですよね…。

そう考えると、今しかない独身時代を謳歌するしかない訳だけれども、もう一人は飽きたっていう側面もあるじゃないですか。

いい加減、落ち着きたいという気持ちはあるのだけれど、実際に結婚してみないと分からないことだってある。

結婚したことがないから、どうしても夢見がちになってしまう部分はあるのかもしれない。

現実は、きっとツラいことだってあるのに。

早く結婚したいけれど、生涯ずっと一緒に過ごすことになる相手を選ぶって考えると、疲れる婚活でも、今のうちに色んなタイプの異性を見ておくことは今後の参考になる部分はあるのかもしれない。