営業さんからの電話がストレスだと思うこと

やっと仕事終わったああああ。

いや、1日終わっただけだけど。

疲れた。もーね、営業さん嫌い。←

お昼前に電話掛かってきて、午前中着くはずの荷物が届いてないとか、知らねーわ。

そんなの荷物状況にもよるだろうし、絶対着くかどうか確認してって言われましても。

絶対とか、それほど不確かなものはないよね。

そりゃ配達状況によっては荷物が遅れることだってあるでしょうよ。

お客さんに言ってしまっただとか、それを確認してって言ったのにだとか、だったら自分で配達行けばってなるわ(冷たい)

ていうか、お昼行かせてください。

おかげで息抜きできなかった。

わたしにとって、お昼休みだけが楽しみなのに。

そのために午前中に仕事終わらせたのに。

もう会社行くたびストレスが溜まる。

お昼休みくらいしか外出られないのに。

明日こそ、外出よ(根に持つ)

わたし、どうせ辞めるし担当の営業さんになんて思われてようが、もうどうでもいいや(開き直り)

わたしだって頑張って生きてるんだよ!←

最初は、ちょっとでもよく見せたいとか、足引っ張らないようにとか思ってたけど、あの冷たい態度取られると、もう知りません。ってなるわ。

わたしもああならないように気をつけよう。

なんかお客さんに聞かれたりするんだけど、わからないことはわからないし、もうバカだと思われててもいい。知らない(投げやり)

夕方は営業さんになかなか電話繋がらなくて、もうどうでもいいような内容の報告してきた。

まだやり残してきたことあるから明日朝早く行って頑張ろ。

しかし、家でも会社でも話相手いないせいか、一人でいる時も営業さんが頭よぎるんだけど。
考えたくないのに、出てくる。
わたし営業さんのこと好きじゃないっていうか、嫌いなのに(直球)

仕事上での付き合いだし、日頃の電話でも業務連絡一通りして終わりなのに、気付いたら気にしちゃっているのがストレス。

スポンサーリンク
follow me ♡
スポンサーリンク