自分を満たしていれば寂しくない、おひとりさまクリスマスの過ごし方

xmas

街へ出ると、煌びやかなイルミネーション、ポップなクリスマスソング。

世間は、華やぐクリスマスムード一色になります。

昔、小さい頃は、家族でクリスマスを過ごすのが毎年恒例でしたが、大人になるにつれて、家族と過ごす時間も減ってきます。

クリスマスといえば、恋人同士が一緒に過ごす日だと象徴とされている部分もありますが、独り身にとっては、クリスマスだからといって浮かれるというよりは、あまり関係のないことだったりもします。

そんなおひとりさまのクリスマスの過ごし方について、どんな過ごし方があるのか、見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

仕事をする

社会人にとって、クリスマスなんて、ただの平日です。

通常通り、業務をこなしていれば、気がついた時にはクリスマスだということも忘れていて、1日が終わってしまいます。

多くの人にとって、クリスマスなんて案外、そんなものだと思います。

アルバイトのシフトを入れる

私が飲食店でアルバイトをしていた頃は、クリスマスや年末年始は、ほとんど誰もシフトに入りたがらないので、ちょうど稼げる時期でもありました。

特に、ケーキ屋さんでアルバイトをしていた頃は、一年の中で一番忙しい時期でもあるので、本当に、早朝から夜遅くまで働いていました。

クリスマスや年末年始の時期だけの短期間でアルバイトを募集しているところもあるので、特に予定がなかったり、時間を持て余している人にとっては、時間の有効活用もできますし、お金を稼ぎながら、寂しい思いをすることもないので、ピッタリだと思います。

当日は、行列ができるほど人が並んでいたりするので、間違いなく忙しいですが、その分、時間が経つのが早かったり、やりがいは十分にあります。

他にも、イベントスタッフ等、アルバイトを増員募集しているところは沢山ありますし、特に短期の場合だと、通常の時給よりも高く設定されているところも多くあるので、狙い目です。

▽ LINEバイト

自分へのご褒美プレゼントを買う

mac

限定のクリスマスコフレだったり、楽天市場/Amazonなどのインターネットショッピングを利用して、指定日配達を希望したり。

大人になったら、自分へのご褒美に、好きなものを買うことができるのも、醍醐味のひとつです。

自分を磨く

スパへ行ったり、サロンやエステ、いつもより贅沢な時間の使い方をして、自分にご褒美をあげられるのも、大人ならではの楽しみ方です。

心身ともにリフレッシュできるので、とてもお勧めです。

自宅でクリスマス気分を楽しむ

wine

どこへ行っても人が多いだけなので、自宅で、こたつにでも入って、のんびり過ごすのも良いです。

今は、コンビニやデパートなどでも、一人用のケーキが数多く販売されています。

それだけ、おひとりさまで過ごす人たちは増えてきているのだと思います。

ショーケースに入った、宝石のようなキラキラしたフルーツタルトも、なんだか特別感が増して、気分も上がります。

手作りに挑戦してみる

身近なケンタッキーでチキンを買って帰ったり、スーパーなどで売られているクリスマスのオードブルやお惣菜を買うのも良いのですが、あえて、自分で手作りしてみるのも悪くないです。

私は一人暮らしなのですが、自分で食べるためにローストビーフを作ったことがありました。

家にオーブンがなくても、フライパンで調理ができます。

焼いて、放っておくだけなので、案外、難しくもなく、ちょっとした贅沢気分に浸ることができるので、お勧めです。

他にも、ワインやチーズなど、好きなものを買い込んで、楽しむのも良いと思います。

IMG_4791
▽ クックパッドでローストビーフのレシピを検索する

ひとりでの過ごし方

一人で過ごすには、映画鑑賞が時間を忘れられてお勧めだと思います。

わざわざ、レンタルショップへ行くこともなく、自宅へCDやDVDを届けてくれたり、インターネット配信サービスで気軽に楽しむことができます。

期間限定で無料サービスもやっています。

勿論、無料期間内に解約することも可能です。

この機会に是非、お勧めのサービスです。

▽ TSUTAYA 30日間無料キャンペーン

クリスマスまでに恋人を作りたい場合

積極的にパーティーへ参加して出会いを増やしておくのもひとつの方法です。

例え、恋人同士にはなれなくても、出会いのチャンスが広がるのは間違いないです。

知り合った人に、違う人を紹介して貰えて、恋人に発展する可能性だって考えられます。

▽ 街コンを探す

最後に

今は独り身でも、自分を満たしていれば、他人に振り回されたり、寂しい思いをして過ごすこともなくなると思います。

好きなことをやって、まずは自分を満たしていきたい次第です。

スポンサーリンク

Thanks for reading !
この記事が面白かった、役に立ったと思ったら
シェアしてくださると、非常に嬉しいです*

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です