転職したいけれど、やりたいことがない時の方向性と対処法

note_taking_high_res

今の会社ではこの先、長くやっていけない。

私は、そう感じて転職を決意したものの、次に就きたい仕事、やりたいことも明確ではなく、転職する方向性について悩みました。

なにがやりたいのか、なにが自分にはできるのか?

いくら問いただしても自分の中で答えは出なくて、まずは自己分析が必要だという思いもありました。

スポンサーリンク

前職を活かした仕事に就く

あらゆる求人サイトに登録し、転職エージェントの面談も受け、そこで勧められたのが、現職を活かした就職活動でした。

現実問題として、やりたいことがなければ、できることからやっていくしかないと思います。

仮にですが、事務職を志望する理由が、営業はノルマや数字に追われるのが嫌だ、デスクワークの方が楽だからいいといった理由だったとしても、志望動機を聞かれた際に、相手を納得させられるような理由が必要になってきます。

全くの未経験から求人に応募するよりも、前職を活かした職種や業界へ転職をする方が「経験があるので御社を志望しました」といった、立派な志望動機として成り立ちます。

それに併せて、自身のこんなことをして実績を残してきた、こんなふうに取り組んで、周りの人に認めて貰えた、助かったと言って貰えた、会社のサポートを行なってきた、などといった

~をして取り組んできた
(具体的なエピソード)


結果を提示すること

で、相手により伝わりやすく自分をアピールすることができますし、どんな人物なのか伝えることができると思います。

また、前職ではそれが実現できなかったので、新しい環境でスキルアップやステップアップをしたいという旨の内容を伝えることが前向きな転職理由、退職理由にも繋がります。

未経験でも、共通点を探す

例え、異業界、異職種の場合の転職活動でも、共通点を探して志望動機に持っていけばいいとは、よく聞きます。

これは前職でもやっていたので、御社でも活かせます!とか、具体的な例を挙げると、伝わりやすいです。

例えばですが、事務職を目指す場合、営業として働いていた経験があるので、志望する営業事務、アシスタントとして営業の気持ちはよく分かるとか、必要だと思うことは先回りして準備しておくことができるとか。

販売や接客の中でも、事務作業に関わることがあり、コツコツ作業することの方が自分に向いているなと感じたとか。

自分にできること+企業が求めていることをマッチングさせる、汲み取ってアピールすることができれば、異業界、異職種の転職でも十分に可能です。

自己分析していて気付くことって結構ありますし、まずは共通点を探すことが大事になってきます。

未経験ではありますが、今、資格取得に向けて取り組んでいることや、これから勉強していきたいと思っています!と前向きな気持ちを伝えるだけでも、十分アピールになると思います。

それでも、共通点が見つからない場合、どうアピールしていけばいいのか自分では分からない場合、第三者の意見を取り入れてみることも重要です。

転職エージェントについては、以下の記事でも触れているので、どんな感じか参考になれば幸いです。

成長できない職場環境から脱却するために考えておきたい転職活動
人間関係、仕事内容、給与などの待遇、あらゆる職場環境において、不満があるとすれば、それは仕事である以上、毎日の積み重ねにもなってきま...

目的がないからこそ上手くいかない転職活動

やりたいことがないと悩んでいるだけあって、業界や職種にこだわりなく求人内容をチェックしていて、正直、なんとなく良さそうだから手当たり次第に応募していた部分もありました。

そんなことを漠然と繰り返しながら、仕事内容や事業内容について深く理解していないのに選考に進んでも、その程度の熱量が相手に伝わってしまうと当然、内定は貰えません。

勿論、会社によって求職者に対する対応も様々ですし、丁寧に向き合ってくれる企業もあれば、そうではない企業も存在します。

新卒とは違う中途採用では、即戦力が必要とされます。

私を採用することによって、企業にどんなメリットがあるのか?

今までのキャリアを踏まえて、自分自身をプレゼンする必要があります。

自分の強みを、どう、この職場でも活かせるのか?

それが相手に伝わって、納得して貰えることこそが大事です。

良い求人を見つけて、入りたかったのに、結局、落とされてしまって、転職活動が上手くいかず、長引くことだって有り得ます。

正社員での採用もなかなか難しいし、次にどうしても就きたい職業がある訳でもない。

そんな時は、並行して、派遣に登録しておくのも方法のひとつです。

派遣にも登録しておきたい理由

派遣だと、どうしても人を育てるというよりは、即戦力を求められるような気はしますが、条件が合えば、仕事も紹介して貰えます。

中には未経験でもOKな求人は、いくらでもあります。

派遣は時給が高いのが魅力なのと、紹介予定派遣という制度もありますので、正社員登用も目指すことができます。

契約期間が決まっているのが派遣の働き方ですが、自分の知らない業界や職種だからこそ、自分に向いているのか見極めるチャンスにもなりますし、実際に経験したからこそ分かることって絶対にあります。

派遣といっても、専門の分野に精通していて、仕事を紹介して貰える人材派遣会社もあり、実務経験があるのであれば、活かせる仕事はいくらでも見つかります。

例えば、経理の経験があるなら、
▽ ジャスネットスタッフ

エンジニアの経験があるなら、
▽ リツアンSTC

といった、業界に強い人材派遣会社もあるので、視野に入れてみるべきだと思います。

条件を提示しておくと、希望に合った求人を紹介して貰えます。

マメに連絡してくれる会社だとスムーズに就職活動が進みやすく、話も早いので、すぐに仕事に就くことができます。

正社員での就職が前提だったとしても、中には登録しておくだけで特典が貰える会社もあるので、視野を広げるといった意味でも、是非、以下のサイトも参考にしてみて欲しいです。

▽ 求人を探す

やりたい仕事がない時に、派遣を利用した方がいい理由
仕事を探すにあたって、どんな仕事に就きたいのか、自分でも、よく分からない。 果たして、自分はどんな職業に向いているのかも分から...
スポンサーリンク

Thanks for reading !
この記事が面白かった、役に立ったと思ったら
シェアしてくださると、非常に嬉しいです*

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です