仕事において欠かせない、苦手な電話応対を切り抜けるコツ

電話

内勤勤務の場合だと、欠かせない業務のひとつが電話応対だと思います。

私が勤めているオフィスでは、電話がひっきりなしに鳴っているような環境です。

元々、電話応対が苦手な私にとって、できるなら取りたくないっていうのが本音です。

でも、苦手だからという理由で、仕事上での電話応対は避けられません。

今回は、その電話での苦手意識をなくすコツについて書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

苦手な電話に慣れるまで

私の場合、新人の頃から特別、電話に出るよう指示されていた訳ではありませんでしたが、あまりにも電話は鳴るし、周りは忙しそうだし、自分だけじっとデスクに座っている訳にもいかず、つい、自分から上司に電話に出た方が良いか?と申し出てしまったのです(だって一人だけ電話取らなかったら、なんであの新人、電話取らないの?って周りから思われそうだし)。

とはいえ、やっぱり緊張するし、電話の相手がなんて言っているのか聞き取れないことも多々あります。

とりあえず、言ってることをメモするのに必死でした。

電話の近くにペンとメモのセットは必須です。

その場ではきちんと聞いていても、後から、あれ?なんて言っていたっけ?と記憶が曖昧になることが多々あるので、メモ帳でも、大学ノートでも、自分の使いやすいものを用意しておくと良いと思います。

苦手な電話応対を切り抜けるコツとしては、結論から言うと、回数を重ねて慣れるしかないです。

電話の言葉が聞き取れない

そもそも相手の名前が聞き取れなくて、苦戦することから始まります。

電話応対には、マナーとして、様々な言葉遣いがあります。

例えば、外回りが多い営業あてに掛かってきた電話に対して、「申し訳ございません、あいにく○○は、外出中でして、○時頃には戻る予定です」といった、都度、マニュアル通りの対応をすると、かしこまり過ぎる場合もあります。

勿論、使う場合もありますが、相手によって言葉を変えたり、周りの先輩の言葉に合わせたりして、対応を工夫することも必要だと思います。

同様に、相手の名前が聞き取れない場合、「恐れ入ります、お電話が少々遠いようで……」と尋ねるのが一般的ですが、私は、電話を取った瞬間から相手の名前を聞き取れないこともあります。

「ありがとうございます、会社名の藤井です」
「***ですが(聞こえない)」
「………。(無言)」

この時、無言になってしまうこともあります。

本当はよくないかもしれませんが、こうなったら、掛かってきた電話自体が聞こえないフリをします。

すると、もしもーし。とか、向こうから反応があります。

もしくは、そのまま話を進められても、何事もなかったかのように、もう一度、受話器を取った時のように「会社名の藤井です」と、自分から名乗ります。

すると、相手にもう一度名乗って貰うことができるので、この時、よく耳を傾けて相手の名前を聞き出します。

そして、大げさに復唱します

それでも分からなかったら「すみません、もう一度お名前お願いします」と素直に聞くしかないと思います。

そこで間違っていたら訂正してくれるお客様もいるので「失礼致しました」と言いますが、復唱して相手に確認を取ったにも関わらず、結局、名前が間違っていたことなんて、もはや数知れないです。

中には名前を名乗ってくれないお客様もいますし、話している内容を聞き取ろうとしても、カタカナを羅列したような複雑なことを言われたり、長かったりすると1回で理解できないし、絶対、え?ってなって、大変です。

まともに聞いていても分からない場合もあり、いつも電話を掛けてきてくれるお客様だと、なんて言っているのか、ほぼニュアンスだけで受け取れる部分も出てきます。

何度やっても緊張する

相手からの電話を取る時も、自分から電話を掛ける時も、すごく緊張します。

特に周りが静かだと、自分が電話口で話している内容を周りの人に聞かれていると考えただけで構えてしまう部分がありました。

こちらから電話を掛ける前に、話す言葉とか整理してから掛けたいし、緊張して、ダイヤルするのもためらっていたら、隣の先輩から「なにやってるの?早く連絡して」って畳みかけられたこともあります。……怖いよ。

でも、この点に関して言えるのは、例え周りの人に自分の電話での会話を聞かれていようと、仕事なので、堂々と開き直ってしまって大丈夫です。

相手に伝わるように話していれば、お客様に不快な思いをさせることも少なくなりますし、こういう連絡をしていたということが周りにも分かると、ちょっとしたお客様の情報も、スムーズに共有できます。

先輩はPCでキーボードを打ちながら普通に電話応対しているし、それを間近で見ていると、あんな風にしなきゃいけない!と考えてしまいます。

今だから分かりますけど、初めのうちは確実に1つのことに集中して取り組む方が絶対に仕事の能率も上がります。

だから、電話応対の時は、電話に集中する

逆に、時間に合わせなきゃいけないないような業務の締め切り時間が迫っている場合、電話を取らないという勇気も、時には必要です。

《営業事務の経験談》データ入力、受発注管理において大事なこと
営業事務の仕事で、最も気を遣わなければならないのは、商品をミスなく、正確に手配することです。 売上に反映される部分があるので、...

電話を取る意味

新人の頃は、まず自分あてに電話が掛かってくることはありません。

そんな電話わざわざ取る必要なんてあるのか?と思う時期もありましたが、掛かってくる電話を取ることで、社内がどういう風にまわっているのか知るきっかけにもなりますし、新人の頃の電話応対なんて、掛かってくる電話を取り次ぐだけでも良くて、事実、それが仕事になります。

自分が代わりに取ることで、手が離せない他の人の手助けにもなりますし、お客様とのやりとりも知ることができます。

専門的なことを聞かれても分かる訳がないので、そのあとのことは、確実に周りの先輩に振ることが大切です。

私は、先輩達と比べると、迷惑ばっかり掛けているなとか、仕事が出来なさすぎて自己嫌悪に陥ることも多々ありますが、知らないんだから、できなくて当然だと開き直ってしまって大丈夫です。

むしろ、先輩に迷惑をかけてしまうのも、吸収していこうという意欲の表れだと思います。

元気のない電話応対のクレームと対処法

私は、電話応対を聞いていた先輩から「すごい淡々としゃべるね」と言われたこともあります。

自分の中では全然無意識だったし、そんなことを言われても、そうかな?って思っていた程度だったのですが、それだけ元気がないという指摘でもあります。

中には、対応にうるさく言ってくるお客様もいる訳で、「電話に出る声が元気がない」と、私にクレームが入っていると上司から言われたこともありました。

大事には至らなかったのですが、対面と違って顔が見えない分、気持ち、声を高めに出すという努力をしました。

電話越しだと、余計に声が聞き取りにくくなります。

私は元々声が低い方なのですが、ただでさえ声が通らないのに、電話越しだともっと通りません。

声が低いと、全然怒っていないのにも関わらず、周りから「怒っているの?」と聞かれてしまう場合もあります。

そこで社内のお局さんで声が凄い可愛い先輩がいたので、声だけ見習おうと決めました。

私は、電話応対という顔が見えないというのをいいことに、

真顔で、どれだけ高い声を出せるか

ということを自分の中での課題にしていました。

もはや、完全に営業用。

可愛い声だけを演じるっていう。

電話に出る時、よく声が変わる人っていると思いますが、いつしか私もそうなりました。

でも、それで誰も損しないし、むしろ相手に気持ち良いって思って貰えるようになったら最高じゃないですか。

電話応対を褒められるようになる

そのおかげか、遠く離れた席に座っている上司からも「藤井さんの声、よく聞こえる」って褒められるようになりましたし、同じ部署の先輩からも「めっちゃ電話取ってくれているよね」と言って貰えることも多くなりました。

今では、電話のコールが鳴ったら、ためらいもなく受話器を取れるようになりました。

また、久々に電話したお客様にも「どうしたの?藤井さん、今日元気良いね」って言われるようにもなりました。

実は、特に辞めたいと毎日思いながら働いていた時期のことです。

……だから、内心、元気なんて全然ないんですけど。

それでも声だけ高くして、話すように意識はしていました。

苦手でしかない電話応対も、この仕事を通して、そういった技を身につけることはできました。

みんなが羨む事務の仕事を辞めたいと思った理由
デスクワークといえば、楽だというイメージを持たれることが多いと思います。 確かに、勤務時間中ずっと座って作業ができる訳だから、...

最後に

対面ではなく、電話だけでのやりとりで完結する電話応対がこの上なく苦手な私でも、自分の中で演じることによって、コールが鳴るたびに、反射的に対応できるようになりました。

苦手意識しかなくても、とにかく、やってみるしかない

ひとことで言うと、これに尽きると思います。

繰り返しになりますが、電話応対は、回数を重ねて慣れるしかないと思います。

緊張はしますが、慣れてくると、何事もなくスムーズに対応できるようになります。

スポンサーリンク

Thanks for reading !
この記事が面白かった、役に立ったと思ったら
シェアしてくださると、非常に嬉しいです*

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です