《初めての転職》 職務経歴書の作成で知っておきたいこと

新卒の就活と違って、中途採用の場合は履歴書の提出とともに、職務経歴書という書類が必要になってきます。

職務経歴書とは、なんぞや?というところから始まった私ですが、難しいことはなにもないので、その作成の仕方について書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

職務経歴書の書き方

職務経歴書は、手書きの履歴書と違ってPCで打ち込み、A4形式で打ち出して、提出します。

ソフトは、基本的にワードを使います。

Open Officeや、アカウントがあればMicrosoftなど、無料のソフトがあるので、ダウンロードすれば使うことができます。

「職務経歴書 書き方」などでググれば、いくらでもネット上から書き方は出てきます。

それを参考にして書けばいいだけなのですが、職務経歴書の簡単なところは、フォーマットがあるので、それを利用すれば一発だというところです。

よくある表の作り方がなどが分からなくても、無料のフォーマットをダウンロードするだけでOKです。

あとは、自分の氏名、要約、職務経歴、事業内容、身に付いたスキル、資格、自己PRなどを埋めていきます。

第二新卒の場合は、新卒採用で使っていた自己PRを使っても問題ないと思います(私の場合はそうしていました)。

【新卒】書類選考が通らない!自己PRがない人のESの書き方とコツ
通らない書類選考 新卒の就職活動において、企業にエントリーすると、必ず書類審査があります。 履歴書等、字を丁寧に書くは当たり前で...

職務経歴書を作成する時のポイント

職務経歴書の大事なポイントは、全体の見やすさと、これまでの経験で身に付けたスキルを分かりやすくまとめることだと思います。

職務経歴書の良いところは、データなので、一度基本の形を作ってしまえば後はラクですし、手書きの履歴書と違って、印刷するだけだけなので煩わしい手間も省けます。

応募する職種や業界が違う場合は、自己PRを手直しする必要はあるかもしれませんが、それほど難しいものではありません。

家に出力用のプリンタがない場合は、コンビニでも印刷することが可能です。

他者の目から最終チェックを

私は、作成した書類をハローワークで見て貰ったこともあるのですが、ハローワークの職員の方って、どうしても企業側の意図や、現場の状況まで分かっていないように見受けられます。

その点、民間の転職エージェントなら、企業とエージェント側の間にお金が発生している以上、きちんと対応してくれるというか、求めているものが明確であったり、書類審査の段階で改善したら良い点などを惜しみなく提供してくれます。

私も、実際に転職エージェントを利用しました。

私の場合ですが、細かな点を指摘されたり、当時、職務経験が少ない割に2枚に渡って書類を作成していたりしたので、1枚にまとめた方が良いなど、全体的に具体的なアドバイスを貰うことができます。

正直、採用に至らない求職者は、エージェント側からするとなんの役にも立たないかもしれませんが、私たち求職者の立場から考えると、無料で利用するところまで利用することは可能だと思うので、積極的に利用したいサービスだと私は思います。

詳しい転職エージェントの概要については、以下の記事でも触れています。

仕事を辞めたいと思ったら考えておきたい転職活動の始め方
人間関係、仕事内容、給与などの待遇、あらゆる職場環境において、不満があるとすれば、それは仕事である以上、毎日の積み重ねにもなってきま...

最後に

初めての転職は、なにかと不安なことも多いですし、辞める勇気も要ります。

でも、転職の良いところは、今いる環境から解放され、自分の生活を変えることができるところだと思います。

自分の身のまわりの環境を変えて、少しでも改善できれば、その転職は成功だと言えると思います。

スポンサーリンク

Thanks for reading !
この記事が面白かった、役に立ったと思ったら
シェアしてくださると、非常に嬉しいです*

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です