【社内ニート】成長できない環境から抜け出すために

会社を辞めようと思って、転職に踏み切る理由や経緯は人それぞれだと思います。

私の場合は、社内ニートという、自分の力だけじゃどうしようもない環境に嫌気がさし、ついに転職しようと決意しました。

今回は、そのことについて触れていこうと思います。

 

社内ニートの職場を辞めたい理由

社内ニートの場合、朝早く出社したところで特にやることもなく、ただただ時間だけが過ぎていくのをやり過ごすことになります。

毎日、いかに仕事をしているフリをするか、勤務時間中は、どうやって乗り切ろうか、そんなことばかり考えていました。

しかし、社内でやれることといっても、限界があります。

そんな毎日がとにかく苦痛で、どんどん気が滅入ってしまいます。

誰にも共感なんてして貰えないし、とにかく精神的に負担でした。

仕事がなくて暇な社内ニートの有効的な過ごし方まとめ
毎日、会社に行ってもやることがない。 社内でやれることといっても限界があるし、今日はどうやって一日を乗り越えようか。 そ...

理解されないつらさ

社会人にもなって親に相談するのもどうかとは思いますが、私は、この状況を一番身近な存在である親に相談してみたことがあります。

「じゃあ掃除したら?」とか、平然と言われます。

言うまでもなく、そんなことは日常的にやっているし、身の周りの整理整頓なんてとっくにやり尽くしました。

他にやることがない旨を伝えると、そんなことはない。なにかやることはあるはずだ。とか、出来ることを探してみろだとか。そんなことを言われるだけでした。

それに、このご時世、仕事があるだけでもありがたい。

そう言われて、確かにその通りなのですが、私の中では腑に落ちず、ずっとモヤモヤしていました。

《新卒体験談》社内ニートの会社がブラック企業だと思う理由
就職活動を勝ち抜いて、晴れて学校を卒業して、初めて入社した企業。 新社会人として、期待と不安が入り混じったような、フレッシュな...

成長できない職場環境からの脱却

社内ニートという立ち位置は、なにより、圧倒的に時間を無駄にしているという感覚が大きかったです。

また、社内に尊敬できるような先輩がいないというのも、辞めたい原因のひとつでした。

会社の同僚で集まると、必ずと言っていいほど「いつ辞める?」なんて話していました。

決まってネガティブな話題ばかりです。

どうしようもない環境だな、と悟ったのです。

このままだと、成長できない。

そう感じた私は、ついに転職することを決意しました。

仕事を辞めたいと思ったら考えておきたい転職活動の始め方
人間関係、仕事内容、給与などの待遇、あらゆる職場環境において不満があるとすれば、それは仕事である以上、毎日の積み重ねにもなってきます...

最後に

決してスムーズに転職活動が続き、直ぐに再就職先が決まった訳ではありませんでしたが、結果として退職することになりました。

転職することになって、結果的に、社内ニートの職場を辞めて良かったと私は思っています。

自身が成長できないと感じる職場に居続けることほど、無駄なものはありません。

今の職場を辞めて、実際に転職するということは、なかなか簡単なことではないかもしれませんが、環境を変えられるチャンスではあります。

もし、社内ニートという立場に悩んでいるとしたら、少しでも若いうちに動いておいた方が良いこともあります。

転職するにしても、しないにしても、自分にとって後悔のしない生活を送っていきたい限りです。

社内ニートの会社を辞めて結果的に良かったこと
社内ニートの職場に居た頃の話に遡りますが、当時、社会人1年目の私から見ても、経営状態に先行きが不安な部分はありました。 ...
 

Thanks for reading !
この記事が面白かった、役に立ったと思ったら
シェアしてくださると、非常に嬉しいです*

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です