人生、模索している管理人の自己紹介

プロフィール

スポンサーリンク

はじめに。

足を運んでくださり、ありがとうございます。

藤井(@cqrqmel_02)と申します。人生に悩みながら生きているアラサーです。

10代の頃から、自分のやりたいことがわからない。

そうやって今まで過ごしてきました。

思い返せば、中学生の頃は受験する高校に、年が明けてから決めるほど最後まで迷い、高校卒業後の進路も親に言われるがまま就職するのか、専門学校へ進学するのか散々悩みました。

やっと決まった就職先で定年まで働く覚悟でいたのに、ブラック企業ともとれる会社で、こんなはずじゃなかった。と思うような事例が幾つもあり、そんな環境に耐えられなくなって、退職しました。

そして、その後再び就活をすることになり、転職活動を繰り返すことになります。

やりたいことが明確にあって、それに向かってキラキラ輝いている人が眩しかった。羨ましかった。

時間を忘れられるほど没頭できるようなものもない。

すべてのエネルギーを向けられるほど熱中できるものも特になかったし、私には大きく掲げるほどの目標もなかったから。

でも、自分で選んだ道に後悔はしていません。

それがたとえ回り道だったとしても、人生において無駄なことなんて、ひとつもないから。

それでも「やりたいこと」をずっと探しながら生きてきました。

時に、そういった相談を持ちかけると「そのうち見つかるよ」と先々で言われ、出会った方の話を聞いたり、本を読んだりもしました。

幼い頃の夢を実現したひとは確かに凄いなって思える。
相当の努力があっただろうし、並大抵のことじゃない。

でも、それ以上に
大人になった今現在も、模索しながら生きている人は沢山いる。

という事実を知りました。
現に、この歳の自分はもっと大人だと思っていました。

でも、案外そうでもなかったりする。
それが現状です。

みんな、目的を探しながら生きているんだと思います。

一人で生きていると、自分を見失いそうになりますが

「ああ、私だけじゃないんだ」

そう思うことで、気が楽になることだってあります。

そうやって、生きていかなきゃならないんだと思います。

そんな私の仕事軸での「これまで」と、「これから」について書き綴っていきます。

私の体験を通して、どこかの誰かの役に立てば、幸いです。

内向的な人にこそ、おすすめしたいブログの執筆
スマートフォンが発達した現代、インターネットやブログの存在は、昔よりももっと身近なものになっていると思います。 様々なシーンで...

なにかあれば、こちらのフォームからどうぞ。管理人へ直接届きます。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

スポンサーリンク

Thanks for reading !
この記事が面白かった、役に立ったと思ったら
シェアしてくださると、非常に嬉しいです*

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です