社会に出る前に積んでおきたいと思ったアルバイト経験

city

若いうちに経験しておきたいことのひとつとして、アルバイトがあります。

アルバイトを通して得られるものは、お金以外にも、社会での経験だったり、世間の常識だったり、バイト先で関わる人との繋がりだったり。

自分で働くことによって、見えてくるもの、得るものは沢山あると思います。

学生の頃は、学校の環境や、家庭の事情等もあるとは思いますが、個人的にはいずれ就職して働きに出る前に、アルバイトとして、社会経験を積んでおくのは決して悪くないと思っています。

スポンサーリンク

初めてのアルバイト経験談

私が初めてアルバイトをしたのは高校生の頃で、近所のスーパーで、主に裏方で働く仕事でした。

普段は、客として出入りすることはあっても、バックヤードに入ることは、なかなかないと思います。

裏口から出入りすることになり、実際に働くことになってから、今まで、見たことのない世界の裏側を目の当たりにすることになります。

大袈裟かもしれませんが、中には、あまりにもいい加減だったり、こんなに杜撰(ずさん)でいいの!?と、思わず衝撃を受けてしまうことも多々あります。

表面上では綺麗に取り繕って見せている部分も、本当は自分が知らないだけで、内情は適当だという企業は社会に出ると、いくらでもあると思います。

それでも、この方が売れるから、とか、見栄えがいいから、といった理由で、誤魔化してやっていることは、山ほどあります。

中には、知らない方が幸せだと思ってしまうような世間の闇や、そんな企業の裏側や背景は、まだまだ数多く存在すると思います。

初めてのアルバイトで戸惑うこと

初めてのアルバイトは知らないこともあり、戸惑うことばかりでした。

まず、基本的な挨拶から戸惑いました。

職場では、どこでも出勤時間に関わらず「おはようございます」と統一して挨拶をすると決まっていますが、当時はなにも知らなかったので、こんにちは!とか言っていた自分がいて、非常に恥ずかしかったです。

また、帰る際も、「お疲れ様です!」というのが一般的ですが、声を掛ける際に、お疲れ様なのか、ご苦労様なのかと悩んだこともありました。

実際、ご苦労様というのは、目上の人が部下に対して労うために使用するための言葉なので、お疲れ様ですと使う方が正しいです。

もっと言うと、仕事で上がる際には、まだ残っている人に対して、「お先に失礼します」と言って退勤する方が、より丁寧な印象にはなります。

今となっては当たり前ですが、働いた経験がないと、そんなことですら、知らないことも多いです。

新人の仕事の丁寧さ

初めの頃は、どんな仕事も丁寧にやるべきだと自分の中で思い込んでいて、相手のお客様のことも考えて、きっちり作業をしていました。

でも実際は、それじゃあ作業スピードが遅くて、全然仕事が進まない訳です。

丁寧なのは、いいことなのかもしれませんが、自身も目の前のことに夢中で、周りが見えていないので、言われるまで気が付きません。

周りに注意されて、仕事には効率が求められることに初めて気が付くこともあります。

人に注意することって、とてもエネルギーが要ることなので、自分に向けられているというのは、それだけ気に掛けてくれているということでもあり、言ってくれるだけ、とても有難いと思います。

職種についての選択

私は人見知りな部分があったので、人と関わる接客業よりも、バックヤードで淡々と作業を進める仕事の方が向いていると思い、初めてのアルバイトでも、裏方での作業を希望して選んだのですが、実際にやってみて思ったのは、一人で黙々と作業をしているよりは、接客として、人と関わりながら仕事をすることの方が、何倍も楽しかったということです。

こうした新たな発見ができるのも、アルバイトをする魅力のひとつです。

ずっとスーパーでレジ打ちをしていた友人は、言葉を発さずに、作業をする工場で働きたいと言っていたくらいですし、実際に体験してみないと分からない部分もあります。

ドトールコーヒーでのアルバイトは大変?実際に働いていた感想
学生時代の頃、ドトールコーヒーショップでアルバイトをしていました。 ドトールといえば、「一杯のおいしいコーヒーを通じて、お客様...

学業との両立

学生のうちは、特にアルバイトと学業との両立が難しい部分もあります。

私は特に部活動や勉強に専念することもなく、ひたすらアルバイトに明け暮れる生活をしていましたが、それはそれとして、それなりに楽しかったです。

フリーターとしてアルバイトをして生活している方もいるとは思いますが、個人的には、両立しているからこそ、自分の中でバランスが保てている部分はありました。

学生のうちにしかできない働き方があると思います。

なにが正解とかはありませんが、自分のしたいように生きてみるべきだと思います。

学生のうちは、親の目が厳しいということもあるかもしれません。

事実、私も親から事あるごとに、口うるさく言われるのには、うんざりしていました。

でも、それも今のうちだけです。

大人になれば、親元を離れることができたり、子どもの時ほど制限がないので、自由に過ごすこともできます。

自分でやりたいようにやれる幅は確実に広がります。

その反面、大人にはなりたくないという思いもあったのですが、子どもの頃や、若いうちに親からダメだと言われていたことも、大人になると、自分の判断で自由にお金を遣ったり、好きなものを選んで、過ごすことができることができるようになるので、こういう時、大人っていいなーとも思います。

そのためにも、希望を捨てずに生きていきたい限りですし、少しでも自立した生活を送っていくべきだとも思います。

少しでも若いうちに一人暮らしをしておいた方がいいと思う理由
高校卒業後、進学することを決め、これを期に一人暮らしをしたかったのですが、私は親の断固反対により、念願だった一人暮らしを始めることが...

最後に

働き方として、融通が利くのもアルバイトの良さです。

気軽に挑戦してみるのも、悪くないと思います。

アルバイトを募集している店舗や会社が意外と近くにあるかもしれません。

フリーペーパーや求人サイトを利用して、上手く見つけていきたい次第です。

▽ アルバイト求人を探す

スポンサーリンク

読んでくださり、ありがとうございます!
面白かったらシェアしてくださると嬉しいです!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です