事務として働く職場環境でストレスだと感じていたこと

women

事務職として働いていて、環境面でストレスが溜まると感じることが多かったのです。

身を置く職場次第で、働きやすさが大きく左右される部分はあります。

今回は、実際に私がストレスを感じると思った事例について挙げていきたいと思います。

 

電話がひっきりなしに鳴ること

社内では、なにかしら電話が鳴っています。

いくつもの回線があるので、同時に鳴る時でさえあります。

それでいて3コール以内に取らなければならないという決まりがあるので、酷い時だと、電話応対だけで追われることもあります。

仕事において欠かせない、苦手な電話応対を切り抜けるコツ
内勤勤務の場合だと、欠かせない業務のひとつが電話応対だと思います。 私が勤めているオフィスでは、電話がひっきりなしに鳴っている...

周りのタイピングの音が気になること

事務職は、データ入力が基本です。

私は大して速いスピードでタイピングを打てない方です。

正確さが求められるとはいえ、周りの素速くタイピングする音を聞いていると、それがプレッシャーになります。

キーボードを叩くカタカタとした、あの特有の音がオフィスに鳴り響くと、うるさいと感じてしまうことがあります。

集中している時の顔を周りの人に見られたくない

オフィスのデスクが密集していて、常に人が視界にいることが個人的にはストレスでした。

別に自分がわざわざ見られていないことは分かっていますが、自分の前の席に座る人や、隣の席の人とのあいだにパーティション等もないので、仕事中、視界に他人の姿が入るだけで集中できなくなってしまう部分はあります。

単に気にしすぎなのかもしれませんが、私はミスしないようにと必死だったり、なにかと自然と眉間にシワが寄っていることがあるので、その集中している時の変な顔を誰かに見られてしまうと考えると、とても恥ずかしいです。

苛々していて雰囲気が悪い

営業事務の場合、発注量が多かったり、締め時間があるので、常に時間を気にしながら優先順位をつけて入力していく必要があります。

特に、忙しいとオフィス全体的に空気がピリついているので、声を掛けるのもためらってしまうくらいでしたし、どんなに雰囲気が悪くても、ずっと席に着いて仕事をこなさなければならないのも居心地が悪かったです。

今いる職場環境で少しでも人間関係を円滑にするための対策
会社で働きやすいと思えるか、そうでないかは、関わる人間関係によって大きく左右される部分があると思っています。 苦手な人と関わる...

女性同士の闇

女性ばかりの職場で、「みんな和気あいあいとしていて仲が良いです!」と上辺では言っていても、必ずしも女性同士の闇はあると思っています。

特に、女性の人数が多ければ、多いほどです。

女性ばかりの職場になると、人間関係において、陰口や噂話は絶えません。

自分と年代が近ければ共通の話題も多いですが、離れているとジェネレーションギャップは生まれたり、こちらは先輩として慕っているつもりでも、なにかと下に見られることが多いです。

仕事だと割り切ったとしても、周りの人間関係が良いに越したことはないので、やはり環境って大事です。

お昼休みの時間が苦痛

12時頃になったら、お昼休みって大体、決まって一斉に取る企業が多いと思います。

「仕事中はピリついている分、お昼休みは和やかにしているよー」と入社した頃に言われていましたが、正直、私にとっては和やかでもなんでもなかったです。

他に行く場所もないので、お昼休みの時間になるのが本当に苦痛でした。

職場での苦痛な昼休みを快適に過ごす方法
仕事をするために会社に来ているとはいえ、私にとって、昼休み休憩の時間が憂鬱でした。 毎日、決められた時間の12時から13時まで...

先輩の仕事が終わっていないのに帰れない

会社としては定時上がりを推奨していても、実際、仕事が業務時間内に終わらないので、残業をしている人がほとんどです。

仕事が終わっているなら帰ってもいいとは言われていましたが、周りがまだ残業しているのに自分だけ先に上がる訳にはいかなかったり、変な空気の読み合いがあったりするので、本当に面倒くさいです。

最後に

色々と書いて、愚痴みたいになってしまいましたが、ある程度の大きな規模の会社になってくると、それだけ多くの人たちが働いていることになるので、組織の人数が増えれば増えるほど面倒な部分や厄介なことは増えます。

ただ、その分、同じような仕事をしている人が自分だけではなく、周りにも沢山いるので、仲間意識は芽生えやすいと思います。

その中で上手くやっていけるかどうかが肝心だったり、自分にとって快適に仕事ができるかどうかは、本当に職場の環境次第だったり、会社による部分も大きいと考えています。

 

Thanks for reading !
この記事が面白かった、役に立ったと思ったら
シェアしてくださると、非常に嬉しいです*

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です