今の環境で本当に満足?同じ事務職への転職を成功させるために

今の事務の仕事内容自体は苦じゃなくても、職場の人間関係によるストレス、定時で帰れず、残業しなければならないほど多い仕事量、割に合っていない気がする給料、など。

仕事を辞めたい理由が、会社の職場環境によるものが大きい場合もあると思います。

でも、だからといって安易に転職するほど、簡単な話ではないとも思います。

スポンサーリンク

今いる環境が全てではない

仕事内容に不満を抱えている訳ではないのであれば、今の会社にとどまるというのも選択肢のひとつですが、会社は、今勤めている企業だけが全てではないです。

私もできることなら、ずっと同じ会社で安定的に働きたいと思っていました。

でも、やはりギャップが生じてしまう部分があるのも事実です。

私は、転職したからこそ、人間関係の悩みから解放されました。

ひとつの会社にとどまって、自分の知らない世界を見ずに過ごすのは、少し勿体ない気もします。

環境を変えると、確実に視野は広がります。

同職種への転職は有利

私のこれまでの経験上ですが、事務職→事務職への転職は、比較的、見つかりやすいです。

企業側も、経験を積んでいる人を優遇する会社がまだまだ多く、即戦力を求めているケースが多いためです。

本格的に転職活動まではいかなくても、他の企業で働くことを視野に入れてみても良いとは思います。

それも、できるなら早いうちに越したことはないです。

見つかりやすいといっても、超簡単に選考が通る訳ではありません。

当たり前かもしれませんが、しっかり志望動機を考える必要はありますし、希望する会社で活かせる自己PRなどを作り込む必要もあります。

また、企業との相性の問題などもあると思います。

動くなら少しでも早い方がいい

事務職なら、データ入力が得意、電話応対には自信がある、多部署との折衝能力に長けている、など、大した実績を残していなくても、事実に基づいて、エピソードを語ることくらいはできます。

でも、1人でひたすら考えたり、シミュレーションしたつもりでも、それが果たして有利に働くかどうかは、自分だけでは、どうしてもよく分からないと思います。

そんな時は、無料で添削、指導もして貰える、転職サービスを利用すると良いと思います。

相手は、転職活動に精通しているプロなので、企業側が具体的に求めているスキル、こうPRすれば効果的など、有益な情報を仕入れることができます。

こういった転職サービスを利用するメリットとして、職場の雰囲気を事前に知ることができるという面があります。

自力で求人を探そうと思えば、いくらでも応募することは可能ですが、その職場環境までは、実際に働いてみないと分からないといった部分があると思います。

直接聞きづらい内容に関しても、担当者が間に入ってくれているので、大体の雰囲気(例えば男女比・有給消化率・残業の度合い、客観的に見た職場の感じは和気あいあいとしているのか・淡々と自分のペースで進めていけるのか、など)を聞き出すことができます。

特に、これまで事務職としての経験があれば、より非公開の求人を紹介して貰える確率も高くなります。

デメリットとしては、担当者によって、対応が左右される部分が大きいというところだと思います。

事務職で比較的多い求人を取り扱っているのは、パソナキャリアです。

必ず転職をしたい!と思っている訳じゃなくても、今より、少しでも良い環境に転職したいと思っているなら、現職を並行しながらでも話は進められるので、一度、視野に入れてみても良いとは思います。

特に正社員の転職活動は、すぐに内定が出る訳ではないので、少しでも可能性を広げておくのは決して悪くないと思います。

【パソナキャリア】無料登録
パソナキャリア

スポンサーリンク

Thanks for reading !
この記事が面白かった、役に立ったと思ったら
シェアしてくださると、非常に嬉しいです*

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です