未経験で資格がなくても事務職に転職することはできる理由

事務デスクワーク

事務職に就きたいけれど、実務経験がない。

そんな時、転職するにあたって、

「未経験だと、なにか資格があった方が有利なのか?」

そう考えることもあるかもしれませんが、全くの未経験でも事務職に就くことは可能です。

今回は、資格の必要性について、自身の経験も踏まえて書いていこうと思います。

スポンサーリンク

資格よりも必要なもの

職種にもよりますが、「資格」って、あくまで肩書きというか、プラスα的な考えなので、ないからといってマイナスになることはないと思います。

実際、資格よりも、経験の方が何倍も大事です。

資格と言えば、MOS(マイクロソフト オフィス スペシャリスト)、日商PC検定、秘書検定などが有りますが、私が勤めていた会社の場合は、なんの資格も要りませんでしたし、未経験者の採用も積極的に行なっていました。

私は、タッチタイピングができるほどキーボードを速くも打てないし、PCスキルに大して自信なんてありません。

それでも、事務職に従事することはできました。

入社する前、採用担当者にタイピングをチェックされましたが、普段ネットサーフィンをするくらいのレベルでも、問題ありませんでしたし、エクセルやワード等も、基本操作ができれば問題ありません。

仮に、エクセルなどのPC操作が分からなくても、今の時代、ネットで検索して探せば解決策はいくらでも出てきます。

PCスキルは、スピードよりも正確さの方が求められる傾向にあります。

業務に慣れると、スピードは、あとからついてくる部分も多いです。

未経験はマイナスにはならない

求人内容に経験者優遇や事務経験必須などの記載がある求人もありますが、中には未経験者歓迎の求人も沢山あります。

企業は即戦力を求めているため、そのような記載をしていますが、始めは誰だって未経験なので、経験を積むチャンスを掴むこと、違う角度から自分なりのアピールをしてみることで、全く違う職種からの転職も十分可能です。

語弊があるかもしれませんが、事務なんて誰でもできます。

若さは武器になる

特に、20代の場合は、それだけで武器にもなります。

実際、未経験でも、勉強中だと言えば大丈夫です。

今はまだ分からなくても、入ってから覚えていけば十分だと思います。

覚えることは沢山ありますし、日々勉強ですけどね。

未経験で、資格を取るためのスクールに通う余裕があるなら、1社でも多く応募するとか、経験を積むことの方がよっぽど大事だと私は思います。

人気の高い事務職を専門的に取り扱っている説明会もあるので、是非、利用してみて欲しいと思います。

未経験のための事務説明会

スポンサーリンク

Thanks for reading !
この記事が面白かった、役に立ったと思ったら
シェアしてくださると、非常に嬉しいです*

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です