仕事が捗らない、作業が続かない時に集中力を高める方法

people

デスクワークで仕事に集中したいのに、なかなか集中できない……。

そんな時、ありませんか?

私は、しょっちゅうあります。

そして、自分の集中力のなさに絶望することがあります。

そこで、少しでも集中力を上げるために、まとめてみましたので、参考になれば嬉しいです。

 

集中力の持続時間

まず、集中力の持続時間は15分ごととも言われており、人の集中力は、長くても90分だと言われています。

それを知っておくだけでも、自分は集中力が続かない……なんて落ち込むことも軽減されます。

自分にとって、集中しやすい環境、パフォーマンスを発揮できるサイクル、限界の時間、タイミングや時間帯などがあると思うので、それを自身で把握しておくだけでも、自分自身をコントロールできるようになり、有効的な時間の遣い方ができるようになります。

集中力を高める対処法

仕事がはかどらない……そんな時の対処法ですが、私の場合、とりあえず打ち込むスピード感を持って仕事する、というようなことを意識しています。

まずは、嫌でもPCの前に向かう、それを習慣化させる、意識付けることで、自然と集中できるようになることもあります。

身のまわりの環境を整える

まずは、デスクに向かうのが楽しくなる工夫を取り入れることも大事です。

例えばですが、デスクに向かっている時の方が楽な姿勢が保てるように、座り心地の良い椅子を選ぶとか、視界に気分の上がるもの(花など)を置くとか。

デスクの上には、極力なにも置かない。というのがベターですが、身の周りをお気に入りのもので満たすことによって、気分を上げることもできます。

とりあえずできるところから手をつける

物事に取り掛かる時、やる気が出ない時、どうしても取り組むまでに、時間が掛かってしまうことはあります。

いきなり難しい課題に取り組もうとしても、ハードルが高いだけなので、まずは比較的、簡単な業務から徐々に取り掛かっていきます。

この時、完璧を求め過ぎないようにしています。

慣れてきたら、徐々に、作業するペースも掴みやすくなってきます。

ひとつのことに絞る

物事を進めるにあたって、ひとつのことに集中して順番に取り組むように心掛けます。

あれも、これもと手をつけてしまうと、どうしても注意力が散漫してしまいがちです。

それに、どれも中途半端になってしまうことがあるので、まずは、取り組むべきことを1つだけ決めて、達成していく。

順番に片付けていくことが大切です。

時間制限を設ける

ある程度の時間制限を設けることも有効的です。

この時間までに仕上げる!という、デッドラインを決めると、自然と、やらなければならない状況に持っていくことができます。

闇雲に作業をしていても、ゴールが見えないとつらいだけなので、時間を意識して取り組むことによって、自分を追い込むことができます。

目標を立てる

また、目先の楽しみを設けることも有効的です。

ひとまず、これが終わったら、大好きなお菓子を食べる!とか、楽しみにしていた動画を見る!とか。

それに向けて、頑張る活力も湧いてくるので、効果的です。

人によって、モチベーションは様々ですが、こちらの記事も参考になれば幸いです。

やる気が出ない時に仕事のモチベーションを上げるためのコツ
毎朝、目を覚ますと、「仕事に行きたくない」ということが、まず頭をよぎります。 毎日毎日ストレスの溜まる仕事を繰り返し、上司の顔...

集中力が途切れたら離れる

それで、疲れたら随時、休憩をします。

ひとまず、デスクを離れるストレッチをする等、間に違う動きを取り入れることで気分転換になり、それで、ある程度の集中力を取り戻すことができます。

私は、仕事で行き詰まった時、どうしようかなーと考えながら、お手洗いに行くと、思わず、こうしたらいいのか!など、思わぬアイデアが浮かぶことがあります。

ずっとデスクに張り付いているよりも、違う動き、視点を取り入れることで、仕事の作業効率が格段に上がるアップすると考えています。

アウトプットしてみる

仕事で行き詰ったら、紙に書き出してみたり、声に出して確認するというのも効果的です。

(一人でブツブツ言っていると、なかなか怪しい人になってしまうかもしれませんが)

紙に書き出してみたり、声を出すことによって、自身の考えていることがより明確になるという効果があります。

時間が足りない時は

時間が足りない!と思ってしまうほど、仕事が終わらない。

そんな時は、無駄な残業はせずにさっさと切り上げて、緊急でない限り、明日に持ち越す方が断然に良いです。

疲弊した状態で発揮できる能力なんて、たかが知れているので、その分、いつもよりも早く寝て、早く起きて、切り替えてから翌朝、いちばんに取り組むことの方が、何倍も上手くいくことが多いですし、パフォーマンスを発揮できます。

時間を有効的に使う充実した朝活の過ごし方
あらゆる場面において、朝に活動する方が能率が良かったり、作業が捗るとされています。 「朝活」という言葉を耳にすることがあったり...

そもそも人が生きていくために、そして生産性の高い仕事をするには、なにより、質の良い睡眠が第一ですし、少し眠るだけでも、脳がスッキリするので、合理的ともいえます。

最後に

人によって、集中力を高める方法は様々です。

BGMひとつにしても、音楽を聞いても良い職場環境だったり、自宅等で作業をする場合だと、クラシックや、川のせせらぎといった音楽を小さい音で流しながら、作業に取り組むと、はかどるとも言われています。

ある程度、周りに音があった方が集中できる人もいれば、全く無音の方が集中できる人もいますし、人それぞれによって個人差はあると思います。

日によって、気分が乗らない時もあるとは思います。

それでも、仕事ともなれば、向き合わなければならない場面に遭遇します。

それらを上手くコントロールして、自分に合った方法を見極めていきたい次第です。

 

Thanks for reading !
この記事が面白かった、役に立ったと思ったら
シェアしてくださると、非常に嬉しいです*

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です